【大井町】ドライバー見守る!だるま碑供養/足柄路の交通安全を祈願

 足柄平野を南北に走る国道255号の交通安全と犠牲者のめい福を祈る「交通安全祈願だるま碑供養」が10月16日、大井町金子の根岸交差点近くに建立された「だるま碑」の前で開かれた。

 小雨の降る中、供養には、だるま会の清水潔会長、田嶋享顧問はじめ大泉重弘松田署長、交通安全団体役員、同会員など20数人が参加。同町金子の最明寺の加藤住職が経を唱える中、犠牲者のめい福と足柄路の交通安全、五穀豊穣を願い焼香した。
 ドライバーを見守る「だるま碑」は、真鶴岬から切り出された高さ約6メートル、横約2.5メートルの一枚岩に彫られており、交通戦争と言われ始めた昭和52年(1977)に建立された。

関連記事

注目の記事

  1.  小田原市観光協会(石田武会長)は11月15日、城下町・小田原の秋の風物詩として親しまれている「第6…
  2.  町の花・スイセンが咲き、富士山を望むのどかな町のPRや町民への愛着を深めてもらおう-と、大井町(間…
  3.  南足柄市は10月11日までに、市立向田小(藤澤恭子校長)の1年3組をインフルエンザ等による学級閉鎖…
  4.  小田原市は11月13日付けで、複数回にわたって飲食店で接客などの副業を行い、また、同病院の医療消耗…
  5.  大井町(間宮恒行町長)は11月12日午前9時30分から、《ひとと自然が築く美しいまち“おおい”の未…
  6.  熱海市は12月4日、東京・千代田区の日本記者クラブで会見を開き、「第1回熱海国際映画祭」の概要を発…

ページビュー

  • 91626総閲覧数:
  • 28今日の閲覧数:
  • 43昨日の閲覧数:
  • 1233月別閲覧数:
ページ上部へ戻る