【箱根町】飲料水の売上金の一部を寄付/小田急電鉄が資源保全に貢献

 小田急電鉄(星野晃司社長、本社:東京都新宿区)は10月16日、箱根町(山口昇士町長)に箱根の天然水を使用した飲料水「箱根の森から」と「箱根の森から 緑茶」の売上金の一部242万6064円を寄付した。同社の金子一郎常務が同町役場を訪れ、山口町長に目録を手渡した。

山口昇士箱根町長(右)に寄付目録を手渡す小田急電鉄の金子一郎常務

 同社では2009年から、小田急沿線の観光資源「箱根」の自然保護活動の一環として、上・下半期の年2回、箱根町への寄付を行っており、今回が17回目となった。。寄付金は、「箱根の森から」、「箱根の森から 緑茶」の売り上げ1本につき1円を積み立てており、今回は今年4月1日から9月末までの累計販売本数に相当する。2009年からの累計寄付金額は2692万704円となった。
 寄付金は、国指定史跡「箱根旧街道杉並木」の保護・保全、箱根町の自然景観や貴重な歴史的文化遺産などの資源保全、仙石原すすき草原などの自然環境保全活動に活用される。
(伊豆さがみ情報ネット)

箱根の天然水を使用した「箱根の森から」(右)と「箱根の森から 緑茶」

関連記事

注目の記事

  1.  小田原市(加藤憲一市長)は、市内小・中学校の児童・生徒の交通事故防止と交通安全意識の啓発を目的に1…
  2.  世界的な日本食ブームを背景に日本酒の人気が高まる中、江戸時代の寛政元(1789)年に創業、7代続く…
  3.  《次代の山北を担う子どもたちが、議会の仕組みを知り、町の姿に関心を持って貰おう》と山北町(湯川裕司…
  4.  小田原市消費生活センターはこのほど、悪質商法による高齢者の被害が増加していることから、高齢者を地域…
  5.  子育て世代を中心にした定住促進を図るため、誰もが安心して子育てできる環境づくりを重点施策に掲げる開…
  6.  伊東商工会議所青年部「気鋭の会」(葛城武典 会長)が主催する「伊東こどもビジネス体験塾BIP(Bu…

ページビュー

  • 99424総閲覧数:
  • 33今日の閲覧数:
  • 61昨日の閲覧数:
  • 1183月別閲覧数:
ページ上部へ戻る