【箱根町】飲料水の売上金の一部を寄付/小田急電鉄が資源保全に貢献

 小田急電鉄(星野晃司社長、本社:東京都新宿区)は10月16日、箱根町(山口昇士町長)に箱根の天然水を使用した飲料水「箱根の森から」と「箱根の森から 緑茶」の売上金の一部242万6064円を寄付した。同社の金子一郎常務が同町役場を訪れ、山口町長に目録を手渡した。

山口昇士箱根町長(右)に寄付目録を手渡す小田急電鉄の金子一郎常務

 同社では2009年から、小田急沿線の観光資源「箱根」の自然保護活動の一環として、上・下半期の年2回、箱根町への寄付を行っており、今回が17回目となった。。寄付金は、「箱根の森から」、「箱根の森から 緑茶」の売り上げ1本につき1円を積み立てており、今回は今年4月1日から9月末までの累計販売本数に相当する。2009年からの累計寄付金額は2692万704円となった。
 寄付金は、国指定史跡「箱根旧街道杉並木」の保護・保全、箱根町の自然景観や貴重な歴史的文化遺産などの資源保全、仙石原すすき草原などの自然環境保全活動に活用される。
(伊豆さがみ情報ネット)

箱根の天然水を使用した「箱根の森から」(右)と「箱根の森から 緑茶」

関連記事

注目の記事

  1.  《次代の山北を担う子どもたちが、議会の仕組みを知り、町の姿に関心を持って貰おう》と山北町(湯川裕司…
  2.  静岡県熱海土木事務所と熱海市は10月19日、市役所で記者会見を開き、市内6地区のうち、熱海、多賀、…
  3.  熱海市の伊豆山神社で11月5日、伝統神事「伊豆山温泉感謝祭(湯神祭)」があった。伊豆山地区の116…
  4.  伊東市の県立伊東高校、同校城ケ崎分校、伊東商業の3校が2023年度をめどに統合し、発展的に改編され…
  5.  企業と自治体が連携して社会課題の解決に取り組む「包括連携協定」。松田町(本山博幸町長)は8日、「寄…
  6.  通年議会を導入している開成町議会(茅沼隆文議長)の12月定例会議は5・6・7日の審議日程で開かれる…

ページビュー

  • 115074総閲覧数:
  • 59今日の閲覧数:
  • 39昨日の閲覧数:
  • 1499月別閲覧数:
ページ上部へ戻る