【小田原市】小田原城で初の体感型イルミネーション/12月9日からスタート!

 小田原城では初めての試みとなる体感型イルミネーションイベント「小田原城 冬桜イルミネーション ~ 光と音が織りなすファンタジーショー」(主催・小田原市観光協会)が12月9日から3月4日までの夜間、連日開催される。
 今回のイベントは、眺めるだけのイルミネーションとは違い、会場に設置された8基のムービングライトによる多様な「光」と、12基のスピーカーによる3Dサラウンド(立体音響)の「音楽」をシンクロさせた演出プログラムが特長。色鮮やかに咲き乱れる城址公園の四季折々の花々をイメージしたファンタジックな「光」と「音」による演出に加え、カップルなどで手をつなぎながらイルミネーションに触れると、花々の「色」が変化して動き出す仕組みの体感スポットも用意される。


 本丸広場、天守閣展望デッキのどちらでも楽しめる演出のため、期間中は天守閣の延長開館も行われる。
 市観光協会と市では「小田原城でしか体験できない圧倒的なスケールのイルミネーション。お城の新しい魅力をこの冬、ぜひ体験してほしい」と観賞を呼びかけている。
 ▽期間:12月9日~平成30年3月4日
 ▽点灯時間:午後5時~午後9時
 ▽場所:小田原城天守閣および本丸広場
 ▽内容:「冬の桜イルミネーション」「冬の桜 体感」「花ものがたり」の3つの構成プログラム
 ▽天守閣開館時間:午前9時~午後7時(最終入場:午後6時30分)※通常より2時間の開館延長 ※12月13日と12月31日の2日間は休館
 ▽問い合わせ先:小田原市観光協会(0465-22-5002)

関連記事

注目の記事

  1.  南足柄市の加藤修平市長は12月1日、小田原市との「中心市のあり方」について「小田原市と南足柄による…
  2.  地域に眠る様々なものを発掘、商品化して販売するUMEMARU Inc.(小田原市、守屋佑一代表)と…
  3.  みかんの生産者や加工業者、JA、企業、消費者など、みかんに携わる広範な関係者が一堂に会して事例共有…
  4.  南足柄市(加藤修平市長)は平成25年度から、景観啓発事業の一環として市内の小中学生を対象に景観絵画…
  5.  小田原市は脳血管疾患(脳卒中)の死亡率が、県内19市の中で2位と国や県と比較すると死亡率が高い状況…
  6.  全国43地域のジオパーク関係者が集い、活動事例・課題に対する取り組みなどの情報共有やネットワークの…

ページビュー

  • 119931総閲覧数:
  • 10今日の閲覧数:
  • 38昨日の閲覧数:
  • 397月別閲覧数:
ページ上部へ戻る