【小田原市】小田原城で初の体感型イルミネーション/12月9日からスタート!

 小田原城では初めての試みとなる体感型イルミネーションイベント「小田原城 冬桜イルミネーション ~ 光と音が織りなすファンタジーショー」(主催・小田原市観光協会)が12月9日から3月4日までの夜間、連日開催される。
 今回のイベントは、眺めるだけのイルミネーションとは違い、会場に設置された8基のムービングライトによる多様な「光」と、12基のスピーカーによる3Dサラウンド(立体音響)の「音楽」をシンクロさせた演出プログラムが特長。色鮮やかに咲き乱れる城址公園の四季折々の花々をイメージしたファンタジックな「光」と「音」による演出に加え、カップルなどで手をつなぎながらイルミネーションに触れると、花々の「色」が変化して動き出す仕組みの体感スポットも用意される。


 本丸広場、天守閣展望デッキのどちらでも楽しめる演出のため、期間中は天守閣の延長開館も行われる。
 市観光協会と市では「小田原城でしか体験できない圧倒的なスケールのイルミネーション。お城の新しい魅力をこの冬、ぜひ体験してほしい」と観賞を呼びかけている。
 ▽期間:12月9日~平成30年3月4日
 ▽点灯時間:午後5時~午後9時
 ▽場所:小田原城天守閣および本丸広場
 ▽内容:「冬の桜イルミネーション」「冬の桜 体感」「花ものがたり」の3つの構成プログラム
 ▽天守閣開館時間:午前9時~午後7時(最終入場:午後6時30分)※通常より2時間の開館延長 ※12月13日と12月31日の2日間は休館
 ▽問い合わせ先:小田原市観光協会(0465-22-5002)

関連記事

注目の記事

  1.  観光を基幹産業とする熱海市は、昨年10月から「自伐型林業」の講習会を開き、林業を軸にした若者の雇用…
  2. 二見康一さん(ふたみ・こういち): 11月26日逝去、67歳。熱海市銀座町。老舗干物店「釜鶴」社長…
  3.  神奈川県西部1市3町の“山”と“森”と“里”を結んだ「あしがら雛めぐり」は、《瀬戸屋敷ひなまつり/…
  4.  世界的な日本食ブームを背景に日本酒の人気が高まる中、江戸時代の寛政元(1789)年に創業、7代続く…
  5.  天皇陛下の誕生日(12月23日)に献上する紅梅の八重寒紅(やえかんこう)と白梅の冬至梅(とうじばい…
  6.  2月3日(土)、節分の厄除豆まきが伊東市・佛現寺で行われた。13時より境内での法要、来賓挨拶等の後…

ページビュー

  • 97903総閲覧数:
  • 4今日の閲覧数:
  • 29昨日の閲覧数:
  • 3845月別閲覧数:
ページ上部へ戻る