【松田町】投票用紙(小選挙区)を1人に二重交付/衆院選神奈川17区

 松田町選挙管理委員会は22日、衆議院議員総選挙第17区松田町第1投票区の投票所(町立公民館展示ホール)で小選挙区の投票用紙を1人の選挙人に2枚交付した、と発表した。
 同委員会事務局によると、入場券を持たない人に本人確認を行った後に投票用紙を交付、小選挙区、比例代表、国民審査とすべての投票を済ませた。その後、再度、同じ人が入場券を持参し受付を済ませた後、小選挙区を投票した直後に二重投票に気付いたため、比例代表と国民審査は行わなかった、という。


 原因について、受付は混雑を避けるため2カ所で実施しており、入場券を持たない人には事務局が手書きで入場券を作成。受け付け終了後に手書きの入場券の人に関しては、もう一方の受付に伝え、両方の選挙人名簿に投票済みと記載し、二重交付を防いでいるが、今回、連絡が漏れてしまった、という。
 再発防止策については、事務従事者が入場券を持たない人の受付や名簿照合、1人1票の交付を徹底する、としている。

関連記事

注目の記事

  1.  小田原市(加藤憲一市長)と小田原市観光協会(石田武会長)は、市民が選ぶオススメの観光スポット「推し…
  2.  開成町の「防災について勉強する会 たんぽぽ」(通称・たんぽぽ)はこのほど、女性の視点を大切にして、…
  3.  箱根町観光協会(勝俣伸理事長)は、平成30年2月3日と10日に開催する「芸妓と歩く箱根旅物語~歴史…
  4.  熱海市選挙管理委員会は(吉田耕之助委員長)は3月1日、任期満了(9月13日)に伴う市長選と市議補選…
  5.  小田原市観光協会(石田武会長)は11月15日、城下町・小田原の秋の風物詩として親しまれている「第6…
  6.  日本の粋を学ぶ「伊東温泉お座敷文化大学」(主催:伊東市・伊東観光協会)の秋期講座が9月15日(金)…

ページビュー

  • 122379総閲覧数:
  • 10今日の閲覧数:
  • 36昨日の閲覧数:
  • 821月別閲覧数:
ページ上部へ戻る