速報【衆院選静岡6区】デッドヒートの末、渡辺周氏が631票差で勝利、勝俣氏は比例復活

 衆院選静岡6区は、渡辺周氏(55、希望・前)が631票差の僅差で激戦を制し、8回目の当選を果たした。次点の勝俣孝明氏(41、自民・前)は、前回・前々回に続き、比例復活当選となった。

当選 渡辺周 (希望・前) 108,788 
   勝俣孝明(自民・前) 108,157(比例当選)
   内田豊 (共産・新)   19,455

当確後、花束を受けてガッツポーズする渡辺周氏

深夜の当確後、沼津の事務所に集った支援者に謝辞と8期目への抱負を述べる渡辺周氏

(伊豆さがみ情報ネット)

関連記事

注目の記事

  1.  第48回衆議院選挙が10月10日公示された。静岡6区では予想されていた3氏が立候補届出を済ませ、1…
  2.  熱海市渚町の熱海交通自動車が11月27日をもって事業を停止した。静岡地裁沼津支部に自己破産手続きの…
  3.  小田急電鉄(星野晃司社長、本社・東京都新宿区)は2018年3月のダイヤ改正にあわせ、JR東海御殿場…
  4.  総務省は12月26日、今年4月1日現在の地方公務員(一般行政職)の給与実態調査の結果を公表した。国…
  5.  小田原市は29年度の若年者雇用マッチング支援事業として「求人企業訪問ツアー~見てから決める就活!~…
  6.  明治の文豪「坪内逍遙」の熱海の住居「双柿舎(そうししゃ)」で2月最初の日曜日となった2月4日、あた…

ページビュー

  • 84484総閲覧数:
  • 97今日の閲覧数:
  • 145昨日の閲覧数:
  • 2770月別閲覧数:
ページ上部へ戻る