【中井町】里都まちブランドワークショップ/地域資源を活かした商品づくり

 中井町(杉山祐一町長)は10月25日から3回シリーズで、地域資源を活かした商品づくりのノウハウを学ぶ「里都(さと)まちブランドワークショップ」の参加者を募集している。参加無料。1回でも参加可。定員は各回約10人。

人々が暮らす「里」と豊かな自然「山」が広がる“里都まち・中井”

 アドバイザーは、M&D研究所代表取締役の濱田晴子さん。【濱田さんのプロフィール】マーケティングの視点から、メーカーの新事業開発や商品開発、地域の特産品開発とブランド化、商店街再生などのコンサルティングを行う。千葉県富浦町では、「房州枇杷」を使った飲料、デザート、菓子、雑貨など約40アイテムの開発に携わる。静岡県アグリビジネス実践スクールのアドバイザーを務めるほか、三重ブランドアカデミー、沖縄プレミアムアカデミーの講師などを歴任。
 日程、テーマなどは次の通り。
【1回目:10月25日、午後4時~同7時、場所:農村環境改善センター】▽テーマ:商品化のアイデアの整理の仕方▽内容:アイデアシートに記入した内容をもとに、商品化アイデアの整理の仕方を学ぶ。
【2回目:11月17日、午後4時~同7時、場所:農村環境改善センター】▽テーマ:アイデアから商品へ▽内容:商品化への企画書を作成し、内容を精査する。
【3回目:2018年1月、日時未定、場所:農村環境改善センター】▽テーマ:商品企画のブラッシュアップ▽内容:商品化に向けて考慮すべきポイントを学ぶ。
申し込み・問い合わせは中井町役場産業振興課(0465-81-1115)。
(伊豆さがみ情報ネット)

関連記事

注目の記事

  1.  日本最大級のシャンソンの祭典・パリ祭の小田原版・「小田原パリ祭」を7月20日に開催した「小田原パリ…
  2. 小田原市(加藤憲一市長)は10月16日から、南足柄市との合併の是非を判断するのに当たり、市民の意向を…
  3.  第48回衆議院選挙が10月10日公示された。静岡6区では予想されていた3氏が立候補届出を済ませ、1…
  4.  熱海市の初島の春の風物詩「初島漁師の丼合戦」が2月3日開幕した。7回目となる今年も初島の漁師が営む…
  5.  地方創生の優良事例として全国から注目される鹿児島県鹿屋市串良町柳谷地区(通称・やねだん)のリーダー…
  6.  伊東市の認知症カフェは先月12月のクリスマスコンサートもお知らせしたが、1月は「冬の音楽祭」という…

ページビュー

  • 86324総閲覧数:
  • 61今日の閲覧数:
  • 63昨日の閲覧数:
  • 879月別閲覧数:
ページ上部へ戻る