【中井町】里都まちブランドワークショップ/地域資源を活かした商品づくり

 中井町(杉山祐一町長)は10月25日から3回シリーズで、地域資源を活かした商品づくりのノウハウを学ぶ「里都(さと)まちブランドワークショップ」の参加者を募集している。参加無料。1回でも参加可。定員は各回約10人。

人々が暮らす「里」と豊かな自然「山」が広がる“里都まち・中井”

 アドバイザーは、M&D研究所代表取締役の濱田晴子さん。【濱田さんのプロフィール】マーケティングの視点から、メーカーの新事業開発や商品開発、地域の特産品開発とブランド化、商店街再生などのコンサルティングを行う。千葉県富浦町では、「房州枇杷」を使った飲料、デザート、菓子、雑貨など約40アイテムの開発に携わる。静岡県アグリビジネス実践スクールのアドバイザーを務めるほか、三重ブランドアカデミー、沖縄プレミアムアカデミーの講師などを歴任。
 日程、テーマなどは次の通り。
【1回目:10月25日、午後4時~同7時、場所:農村環境改善センター】▽テーマ:商品化のアイデアの整理の仕方▽内容:アイデアシートに記入した内容をもとに、商品化アイデアの整理の仕方を学ぶ。
【2回目:11月17日、午後4時~同7時、場所:農村環境改善センター】▽テーマ:アイデアから商品へ▽内容:商品化への企画書を作成し、内容を精査する。
【3回目:2018年1月、日時未定、場所:農村環境改善センター】▽テーマ:商品企画のブラッシュアップ▽内容:商品化に向けて考慮すべきポイントを学ぶ。
申し込み・問い合わせは中井町役場産業振興課(0465-81-1115)。
(伊豆さがみ情報ネット)

関連記事

注目の記事

  1.  静岡県熱海土木事務所と熱海市は10月19日、市役所で記者会見を開き、市内6地区のうち、熱海、多賀、…
  2.  3月定例会開会中の小田原市議会(加藤仁司議長)の代表質問は、2月28日3会派(志民の会、公明党、政…
  3.  南足柄市の加藤修平市長が、小田原市との合併計画で市民の意向調査結果などをもとに「小田原市との合併は…
  4.  1月29日、インバウンドおもてなしのための英会話勉強会が、青木敬博さんの呼びかけのもと有志の集まり…
  5.  小田原市久野の小田原フラワーガーデン(八木量子園長)のトロピカルドーム温室では、透明感のある小さな…
  6.  衆院選静岡6区は、渡辺周氏(55、希望・前)が631票差の僅差で激戦を制し、8回目の当選を果たした…

ページビュー

  • 80245総閲覧数:
  • 19今日の閲覧数:
  • 90昨日の閲覧数:
  • 1593月別閲覧数:
ページ上部へ戻る