【中井町】里都まちブランドワークショップ/地域資源を活かした商品づくり

 中井町(杉山祐一町長)は10月25日から3回シリーズで、地域資源を活かした商品づくりのノウハウを学ぶ「里都(さと)まちブランドワークショップ」の参加者を募集している。参加無料。1回でも参加可。定員は各回約10人。

人々が暮らす「里」と豊かな自然「山」が広がる“里都まち・中井”

 アドバイザーは、M&D研究所代表取締役の濱田晴子さん。【濱田さんのプロフィール】マーケティングの視点から、メーカーの新事業開発や商品開発、地域の特産品開発とブランド化、商店街再生などのコンサルティングを行う。千葉県富浦町では、「房州枇杷」を使った飲料、デザート、菓子、雑貨など約40アイテムの開発に携わる。静岡県アグリビジネス実践スクールのアドバイザーを務めるほか、三重ブランドアカデミー、沖縄プレミアムアカデミーの講師などを歴任。
 日程、テーマなどは次の通り。
【1回目:10月25日、午後4時~同7時、場所:農村環境改善センター】▽テーマ:商品化のアイデアの整理の仕方▽内容:アイデアシートに記入した内容をもとに、商品化アイデアの整理の仕方を学ぶ。
【2回目:11月17日、午後4時~同7時、場所:農村環境改善センター】▽テーマ:アイデアから商品へ▽内容:商品化への企画書を作成し、内容を精査する。
【3回目:2018年1月、日時未定、場所:農村環境改善センター】▽テーマ:商品企画のブラッシュアップ▽内容:商品化に向けて考慮すべきポイントを学ぶ。
申し込み・問い合わせは中井町役場産業振興課(0465-81-1115)。
(伊豆さがみ情報ネット)

関連記事

注目の記事

  1.  湯河原町(冨田幸宏町長)は2月7日、一般会計と3特別会計(国民健康保険事業、介護保険事業、後期高齢…
  2.  県立熱海高校の通学路を兼ねて新たな観光名所にしようと熱海市が15年かけて整備し、今年3月に完成した…
  3.  「伊豆ODORIKO(踊り子)フェスティバル」が3月10日、伊東観光会館ホールで開催される。  …
  4.  湯河原町(冨田幸宏町長)はこのほど、正月の風物詩「第94回東京箱根間往復大学駅伝競走大会」(箱根駅…
  5.  小田原市観光協会(石田武会長)は、平成30(2018)年の「小田原開府500年」を記念して、難攻不…
  6.  松田町(本山博幸町長)は、同町寄(やどりき)の〈魅力を活かした仕事づくりに関心のある人〉、〈寄で仕…

ページビュー

  • 101815総閲覧数:
  • 25今日の閲覧数:
  • 70昨日の閲覧数:
  • 1639月別閲覧数:
ページ上部へ戻る