【熱海市】ジビエ料理、熱海ワナの会が野生動物解体処理施設「山の里」開設

 熱海市の猟師らでつくる「熱海ワナの会」の有志7人が10月22日、熱海市泉に野生動物解体処理施設「山の里」(錦織悦子代表)を開設した。
 イノシシやシカなどの野生動物による農業被害は、全国で年間200億円。熱海市も例外でなく、昨年はイノシシ、シカだけで約100万円の農作物被害があった。同会は毎年、市内数カ所に鉄製のおり(高さ約1メートル、横幅約1メートル、奥行き約2メートル)を設置、昨年はイノシ、シカを約300頭を捕獲した。


 全国ではこうした、やっかい者をジビエ(狩猟による鳥獣肉)として食べることで、農作物への被害を減らす取り組みが広まっているが、熱海市には食肉処理施設がなかったため、大部分は捕獲した土地に埋められたり、エコ・プラント姫の沢(廃棄物処理施設)に運び、有料で焼却したりしていた。そこで「山の里」に解体用の電動ウインチや作業処理室、冷蔵施設を設けた。農業被害を防ぐとともに、尊い命を無駄にしない願いが込められている。
(熱海ネット新聞)

関連記事

注目の記事

  1.  小田原市城山の小田原短期大学(おだたん、小沼肇学長)食物栄養学科は、3月3日に実施する「第20回お…
  2.  中井町議会(岸光男議長)の12月定例会は、5日から8日までの会期4日間の日程で行われる。  上程…
  3.  海とともに生きる真鶴町の古き祭と新しき祭を後世に伝える「豊漁豊作祭~真鶴 龍宮祭」が秋晴れに恵まれ…
  4.  日本の粋を学ぶ「伊東温泉お座敷文化大学」(主催:伊東市・伊東観光協会)の秋期講座が9月15日(金)…
  5.  小田原市(加藤憲一市長)はこのほど、外国人をはじめ小田原を訪れる観光客らのニーズが高い無料Wi-F…
  6.  ポイ捨てや不法投棄の無い美しい箱根にしよう! を合言葉にした「ゴミ不法投棄防止一斉パトロール&美化…

ページビュー

  • 80243総閲覧数:
  • 17今日の閲覧数:
  • 90昨日の閲覧数:
  • 1591月別閲覧数:
ページ上部へ戻る