【熱海市】ジビエ料理、熱海ワナの会が野生動物解体処理施設「山の里」開設

 熱海市の猟師らでつくる「熱海ワナの会」の有志7人が10月22日、熱海市泉に野生動物解体処理施設「山の里」(錦織悦子代表)を開設した。
 イノシシやシカなどの野生動物による農業被害は、全国で年間200億円。熱海市も例外でなく、昨年はイノシシ、シカだけで約100万円の農作物被害があった。同会は毎年、市内数カ所に鉄製のおり(高さ約1メートル、横幅約1メートル、奥行き約2メートル)を設置、昨年はイノシ、シカを約300頭を捕獲した。


 全国ではこうした、やっかい者をジビエ(狩猟による鳥獣肉)として食べることで、農作物への被害を減らす取り組みが広まっているが、熱海市には食肉処理施設がなかったため、大部分は捕獲した土地に埋められたり、エコ・プラント姫の沢(廃棄物処理施設)に運び、有料で焼却したりしていた。そこで「山の里」に解体用の電動ウインチや作業処理室、冷蔵施設を設けた。農業被害を防ぐとともに、尊い命を無駄にしない願いが込められている。
(熱海ネット新聞)

関連記事

注目の記事

  1.    〈関東の富士見百景〉に選ばれている松田町・西平畑公園の早咲き桜が満開となり、足柄平野の夜…
  2.  箱根町消防本部(齋藤利久消防長)は、消防署湯本分署に配備している高規格救急自動車を更新し、11月3…
  3.  任期満了に伴う松田町町長選挙は5日告示され、2期目を目指す現職の本山博幸氏(47、無所属、松田惣領…
  4.  熱海市は、市制80周年事業の一環として「マンホール蓋(ふた)」を活用した観光振興に乗り出した。「梅…
  5.  江戸時代中期から相模地方に伝わる相模人形芝居の五座が一堂に揃い、日ごろの鍛錬の成果を披露する「第4…
  6.  小田急電鉄(星野晃司社長、本社:東京都新宿区)は10月16日、箱根町(山口昇士町長)に箱根の天然水…

ページビュー

  • 140776総閲覧数:
  • 25今日の閲覧数:
  • 206昨日の閲覧数:
  • 1704月別閲覧数:
ページ上部へ戻る