【熱海市】津波対策 景観に配慮し、防潮堤抑制|県土木と熱海市が津波対策方針発表

 静岡県熱海土木事務所と熱海市は10月19日、市役所で記者会見を開き、市内6地区のうち、熱海、多賀、泉、伊豆山、初島の5地区の津波対策の方針を発表した。熱海地区の必要堤防高は7メートルだが、サンビーチからマリンスパ間に整備する防潮堤は、景観に配慮し、既設の親水護岸の高さ6.6メートルに合わせ、避難路整備や避難誘導看板の増設などソフト対策を充実させる。


多賀地区は、上多賀―中野間は6メートル、小山は7メートルで護岸などを造り、和田木は整備を行わない。また遊歩道を兼ねた高さ6メートルの防潮堤を造る。初島は海岸の陸閘(りくこう)のみ整備し、防潮堤の新設やかさ上げは行わない。泉・伊豆山地区は新たな施設整備を行わず、網代地区は、引き続き、地区協議会で検討を続けていく。
関東大震災レベルの地震で想定される市の津波対策方針について、植松静夫熱海事務所長と齊藤栄市長が揃って説明した。

熱海市の津波対策方針について説明する植松静夫熱海事務所長(左)と齊藤栄市長

(熱海ネット新聞)

関連記事

注目の記事

  1.  第153回芥川賞を受賞した又吉直樹さんの小説「火花」を映画化した「火花」」(板尾創路監督)が11月…
  2.  伊東商工会議所で1月13日、「伊東創業塾」(全3回)がスタートした。伊東創業塾は、起業・創業の実現…
  3.  小田原、箱根、真鶴、湯河原、南足柄の2市3町で構成される箱根ジオパーク推進協議会(会長・山口昇士箱…
  4.  伊東市の県立伊東高校、同校城ケ崎分校、伊東商業の3校が2023年度をめどに統合し、発展的に改編され…
  5.  城下町・小田原の秋の風物詩として親しまれている「第67回小田原城菊花展」が、観光客らで賑わう小田原…
  6.  今年、創立40周年を迎える「松田町少年野球育成会・松田キャッスルズ」は2月10日午前10時から、松…

ページビュー

  • 105133総閲覧数:
  • 55今日の閲覧数:
  • 59昨日の閲覧数:
  • 1485月別閲覧数:
ページ上部へ戻る