【熱海市】津波対策 景観に配慮し、防潮堤抑制|県土木と熱海市が津波対策方針発表

 静岡県熱海土木事務所と熱海市は10月19日、市役所で記者会見を開き、市内6地区のうち、熱海、多賀、泉、伊豆山、初島の5地区の津波対策の方針を発表した。熱海地区の必要堤防高は7メートルだが、サンビーチからマリンスパ間に整備する防潮堤は、景観に配慮し、既設の親水護岸の高さ6.6メートルに合わせ、避難路整備や避難誘導看板の増設などソフト対策を充実させる。


多賀地区は、上多賀―中野間は6メートル、小山は7メートルで護岸などを造り、和田木は整備を行わない。また遊歩道を兼ねた高さ6メートルの防潮堤を造る。初島は海岸の陸閘(りくこう)のみ整備し、防潮堤の新設やかさ上げは行わない。泉・伊豆山地区は新たな施設整備を行わず、網代地区は、引き続き、地区協議会で検討を続けていく。
関東大震災レベルの地震で想定される市の津波対策方針について、植松静夫熱海事務所長と齊藤栄市長が揃って説明した。

熱海市の津波対策方針について説明する植松静夫熱海事務所長(左)と齊藤栄市長

(熱海ネット新聞)

関連記事

注目の記事

  1.  熱海市は、市制80周年事業の一環として「マンホール蓋(ふた)」を活用した観光振興に乗り出した。「梅…
  2.  バラ色の人生でした。我が人生に悔いはありません。-平成29年4月26日、84年の人生を全うしたアオ…
  3.  県立熱海高校の通学路を兼ねて新たな観光名所にしようと熱海市が15年かけて整備し、今年3月に完成した…
  4.  小田原市観光協会(石田武会長)は、平成30(2018)年の「小田原開府500年」を記念して、難攻不…
  5.  山北町議会(府川輝夫議長)の12月定例会は5日から、8日までの会期4日間の日程で開かれる。  上…
  6.  のどかなみやまの里に清々しい甘い香りを運ぶ早春の花・蝋梅(ろうばい)を愛でる「第7回松田町寄(やど…

ページビュー

  • 89642総閲覧数:
  • 33今日の閲覧数:
  • 67昨日の閲覧数:
  • 1764月別閲覧数:
ページ上部へ戻る