【真鶴町】海神のまち豊漁豊作祭「真鶴 龍宮祭」/11月11・12日に古き祭と新しき祭が織り成す二日間

 真鶴町(宇賀一章町長)は11月11・12日の両日、真鶴港を舞台に、古(いにしえ)より海とともに生きる伝統文化を後世に伝える「海神(わたつみ)のまち豊漁豊作祭・真鶴 龍宮祭」を開く。時間は11日が午前10時~午後6時30分、12日が午前9時30分~午後3時。小雨決行(荒天中止)。
 「龍宮祭」はオール真鶴を掲げ、5月の「岩 龍宮祭」、8月の町民参加型交流イベント「盆踊り」、そして11月の「真鶴 龍宮祭」を合わせて地域活性化を目指した「豊漁豊作祭」三部作シリーズのひとつ。

古き祭と新しき祭が織り成す二日間-「真鶴龍宮祭」

 「真鶴 龍宮祭」は、「古き祭と新しき祭が織り成す二日間」をキャッチフレーズに、海の安全と豊漁豊作を願う「町民龍宮祭」に始まり、海に浮かぶ台船を舞台にした船上「よさこい大漁フェスティバル」(11日)、利き酒師で酒屋の主人・しげちゃんと一緒にカップ酒を片手に潮風を感じながら寿司屋や干物屋などでつまみ食いをする宿浜商店街ツアー(11日)、暮れなずむ海をバックによさこい大漁総踊りと海上花火のパフォーマンス(11日午後5時頃)など、真鶴らしいイベントがいっぱい。

船上(台船)で躍動する「よさこい大漁フェスティバル」

 12日には、ヨットや巡視艇の乗船体験など海とのふれあい、さんま大祭、猿回し、ヒップホップダンス、東関東マーチングコンテストに出場した小田原東高校のマーチングバンド、商店街がおもてなしするストリートライブなどが真鶴を盛り上げる。
 11・12日には、漁師町・真鶴ならではの新鮮な海の幸がズラリと並ぶ「魚まつり」、友好都市・安曇野市の特産品販売などもある。
 真鶴町の関連HPは http://www.town.manazuru.kanagawa.jp/event/402.html

(伊豆さがみ情報ネット)

関連記事

注目の記事

  1.  神奈川県西部1市3町の“山”と“森”と“里”を結んだ「あしがら雛めぐり」は、《お山のひなまつり/大…
  2.  小田原市観光協会(石田武会長)は、平成30(2018)年の「小田原開府500年」を記念して、難攻不…
  3.  小田急グループの箱根観光船(國廣誠社長、本社・小田原市)は、3月24・25日の両日、春の想い出づく…
  4.  伊東市の認知症カフェは先月12月のクリスマスコンサートもお知らせしたが、1月は「冬の音楽祭」という…
  5.  真鶴町は国から過疎地域の指定を受けたことに伴い、過疎地域自立促進計画を策定に向けての住民説明会を9…
  6.  9月10日執行の松田町長選で再選を果たした本山博幸町長が25日、決意も新たに2期目の初登庁をした。…

ページビュー

  • 99577総閲覧数:
  • 34今日の閲覧数:
  • 50昨日の閲覧数:
  • 1336月別閲覧数:
ページ上部へ戻る