【小田原市】市所有の美術工芸品18点を売却へ/ヤフー官公庁オークション

 小田原市(加藤憲一市長)は昨年に続き、ヤフーが提供するインターネット公有財産売却システム(ヤフー官公庁オークション)を利用して市所有の美術工芸品18点を売却する。
同美術品は、ヒルトン小田原に建物とともに貸し付けていたもので、平成27年12月の建物の売却とともに市に返還された。オークションでは、すでに学校など公共施設で展示活用を図っているものや昨年、売却したものを除く絵画(鉛絵)、版画、工芸、彫刻など18点を売却する。最低入札価額は、1千円(5点)、1万円(11点)、2万円(1点)、5万円(1点)。

出品物件:鉛絵

出品物件:版画

 スケジュールは、次の通り。
▽参加申込期間:~11月9日(木)午後2時。
▽入札期間:11月24日(金)午後1時~12月1日(金)午後1時。
▽落札者決定:12月5日(火)午後5時。
▽売払代金納入期限:12月15日(金)午後5時。
 昨年実施した初の同オークションでは、ヒルトン小田原から返還された美術工芸品152点を売却。物品の鑑定価格は0円から5万円までの計73万6千円。落札は、出品数152点に対し、入札358点、落札124件で約82%の高率となった。また、落札価格の合計は、142万3758円で鑑定価格の合計51万9千円を大きく上回った。
Yahoo!官公庁オークション:https://koubai.auctions.yahoo.co.jp/auction/middle?pid=k_kng_odawara_city
小田原市のHP:http://www.city.odawara.kanagawa.jp/municipality/administra/publicpropertyforsale/p21408.html
(伊豆さがみ情報ネット)

関連記事

注目の記事

  1.  伊東商工会議所で1月13日、「伊東創業塾」(全3回)がスタートした。伊東創業塾は、起業・創業の実現…
  2.  南足柄市議会(内田克己議長)12月定例会最終日の12月13日、総務福祉常任委員会に付託されていた議…
  3.  「地域の絆を、みんなで」を掲げる小田原市自治会総連合(木村秀昭会長)は平成30年1月9日から、地域…
  4.  戦国時代、親子・兄弟・一門が争うことなく国力を高め、5代100年にわたって関東一円を治めた小田原北…
  5. 中村保さん(なかむら・たもつ):元小田原市議、元副議長 10月16日逝去、87歳。小田原市城山。 …
  6.  冬から早春の小田原城を舞台に繰り広げられる光と音のファンタジーショー「小田原城 冬桜イルミネーショ…

ページビュー

  • 93877総閲覧数:
  • 7今日の閲覧数:
  • 28昨日の閲覧数:
  • 1461月別閲覧数:
ページ上部へ戻る