【熱海市】静岡県市町対抗駅伝 「熱海市代表選手」20人が決定

 第18回静岡県市町対抗駅伝競走大会(12月2日、静岡市)の熱海市代表選手20人が決まった。
 熱海市実行委員会(杉山誠一会長)が10月12日の強化練習後に選考会議を開き、糠谷康弘監督(泉小中教頭)、出口貴之(多賀中教諭)とタイムや各種大会の結果等を総合的に判断して決めた。11月16日午後7時から多賀中で結団式を開く。

(熱海ネット新聞)

関連記事

注目の記事

  1.  熱海市の伊豆山神社で11月5日、伝統神事「伊豆山温泉感謝祭(湯神祭)」があった。伊豆山地区の116…
  2.  中井町(杉山祐一町長)は2月14日、一般会計と4特別会計(国民健康保険、介護保険、後期高齢者医療事…
  3.  熱海市の初島の春の風物詩「初島漁師の丼合戦」が2月3日開幕した。7回目となる今年も初島の漁師が営む…
  4.   小田急グループの箱根ロープウェイ(鞠子篤也社長、本社・小田原市)は2月8日から、バレンタインデー…
  5.  小田原市観光協会(石田武会長)は、平成30(2018)年の「小田原開府500年」を記念して、難攻不…
  6.  日本の粋を学ぶ「伊東温泉お座敷文化大学」(主催:伊東市・伊東観光協会)の秋期講座が9月15日(金)…

ページビュー

  • 80467総閲覧数:
  • 53今日の閲覧数:
  • 98昨日の閲覧数:
  • 1815月別閲覧数:
ページ上部へ戻る