【熱海市】静岡県市町対抗駅伝 「熱海市代表選手」20人が決定

 第18回静岡県市町対抗駅伝競走大会(12月2日、静岡市)の熱海市代表選手20人が決まった。
 熱海市実行委員会(杉山誠一会長)が10月12日の強化練習後に選考会議を開き、糠谷康弘監督(泉小中教頭)、出口貴之(多賀中教諭)とタイムや各種大会の結果等を総合的に判断して決めた。11月16日午後7時から多賀中で結団式を開く。

(熱海ネット新聞)

関連記事

注目の記事

  1.  任期満了に伴う松田町町長選挙は5日告示され、2期目を目指す現職の本山博幸氏(47、無所属、松田惣領…
  2.  熱海市の長浜海浜公園で11月19日、「静岡県セーリングチャンピオンシップ」が開催された。熱海、沼津…
  3.  小田原市観光協会(石田武会長)は、平成30(2018)年の「小田原開府500年」を記念して、難攻不…
  4.  小田原市は10月5日までに、小田原市・南足柄市「中心市のあり方」に関する任意協議会の結果と市の合併…
  5.  現職10人と新人3人が11の椅子を争った真鶴町議選は9月24日、投開票された。選挙戦は、“泡沫候補…
  6.  3月定例会開会中の小田原市議会(加藤仁司議長)の代表質問は、2月28日3会派(志民の会、公明党、政…

ページビュー

  • 99576総閲覧数:
  • 33今日の閲覧数:
  • 50昨日の閲覧数:
  • 1335月別閲覧数:
ページ上部へ戻る