【熱海市】静岡県市町対抗駅伝 「熱海市代表選手」20人が決定

 第18回静岡県市町対抗駅伝競走大会(12月2日、静岡市)の熱海市代表選手20人が決まった。
 熱海市実行委員会(杉山誠一会長)が10月12日の強化練習後に選考会議を開き、糠谷康弘監督(泉小中教頭)、出口貴之(多賀中教諭)とタイムや各種大会の結果等を総合的に判断して決めた。11月16日午後7時から多賀中で結団式を開く。

(熱海ネット新聞)

関連記事

注目の記事

  1.  NPO法人おだわらねこと小田原市は、野良猫の現状や猫の適正飼育などについて理解を広めるイベント「お…
  2.  「平成30年第1回定例会」を開会中の南足柄市議会(内田克己議長)の代表質問は、3月7日に3会派、8…
  3.  熱海市立図書館に熱海市にゆかりの深い作家で江戸川乱歩賞を受賞した「高層の死角」などの作品で知られる…
  4.  開成町(府川裕一町長)は22日、一般会計、5特別会計(国民健康保険、下水道、介護保険、給食、後期高…
  5.  ♪おおいのO(オー)おおいのO(オー)おおいのO(オー)だよ すいっぴー ぼくの名前は すいっぴー…
  6.  江戸時代の農政家・二宮尊徳(金次郎)の事績を顕彰し、偉業を学べる小田原市栢山の尊徳記念館ではこのほ…

ページビュー

  • 102893総閲覧数:
  • 11今日の閲覧数:
  • 25昨日の閲覧数:
  • 632月別閲覧数:
ページ上部へ戻る