【熱海市】静岡県市町対抗駅伝 「熱海市代表選手」20人が決定

 第18回静岡県市町対抗駅伝競走大会(12月2日、静岡市)の熱海市代表選手20人が決まった。
 熱海市実行委員会(杉山誠一会長)が10月12日の強化練習後に選考会議を開き、糠谷康弘監督(泉小中教頭)、出口貴之(多賀中教諭)とタイムや各種大会の結果等を総合的に判断して決めた。11月16日午後7時から多賀中で結団式を開く。

(熱海ネット新聞)

関連記事

注目の記事

  1.  のどかなみやまの里に清々しい甘い香りを運ぶ早春の花・蝋梅(ろうばい)を愛でる「第7回松田町寄(やど…
  2.  熱海市は、市制80周年事業の一環として「マンホール蓋(ふた)」を活用した観光振興に乗り出した。「梅…
  3.  小田原に古くから栄え・今に伝える《かまぼこ・漬け物・菓子・ひもの・塩辛・木工》など地域資産の工夫を…
  4.  小田原市は10月5日までに、小田原市・南足柄市「中心市のあり方」に関する任意協議会の結果と市の合併…
  5.  南足柄市(加藤修平市長)は、地域資源を生かし作られた産品を“金太郎のふるさと南足柄”のイメージアッ…
  6.  江戸時代中期から相模地方に伝わる相模人形芝居の五座が一堂に揃い、日ごろの鍛錬の成果を披露する「第4…

ページビュー

  • 75757総閲覧数:
  • 34今日の閲覧数:
  • 286昨日の閲覧数:
  • 1107月別閲覧数:
ページ上部へ戻る