【小田原市】“地球にやさしい生活”を楽しく学ぶ/11月3日に「おだわらスマートシティフェア」

 “青く澄んだ空をこどもたちにバトンタッチしよう”を合言葉に、小田原市を全国屈指の“スマートシティ”にするため、市民や事業者、行政が、再生可能エネルギー・エコカー・省エネルギーの普及促進に取り組む「おだわらスマートシティプロジェクト」は11月3日午前10時から、小田原市中里のダイナシティウエスト(西武小田原店)で「おだわらスマートシティフェア」を開く。午後3時まで。主催は、おだわらスマートシティプロジェクトと小田原市。


 同フェアでは、〈地球にやさしいまち〉をテーマに県西地域の小・中学生から公募した「絵画・ポスターコンクール」の入選作品や環境にやさしい電気自動車・天然ガス自動車、エコカーのほか、創エネ・省エネ・蓄エネ機器の展示、県によるマイエコ10宣言コーナー、小田原市によるCOOL CHOICE(賢い選択)運動など、生活に取り入れられるさまざまな企業や団体の出展ブースもある。

中学生の部市長賞:三嶋菜夏さん(白鷗中3年)

小学生の部市長賞:掘越すみれさん(国府津小2年)

 また、湘南地域を中心に出前寄席を行っているアマチュア噺家・えこ屋でん助さんによるエコ落語「COOL CHOICE(賢い選択)」や“うちエコ診断士”が日頃から無理なくできる省エネ対策を提案するほか、小田原をホームタウンとする湘南ベルマーレフットサルクラブの現役選手によるパフォーマンスなど楽しい内容となっている。
(伊豆さがみ情報ネット)

関連記事

注目の記事

  1.  南足柄市(加藤修平市長)などは11月11日午後1時45分から、東日本大震災の教訓を生かし、減災に必…
  2.  城下町小田原のシンボル・小田原城の一年のホコリやチリを払い落とす師走の風物詩「小田原城天守閣 すす…
  3.  観光を基幹産業とする熱海市は、昨年10月から「自伐型林業」の講習会を開き、林業を軸にした若者の雇用…
  4.  光と音が難攻不落の城・小田原城を幽玄な世界へと誘う「小田原城 冬桜イルミネーション~光と音が織りな…
  5.  開成町(府川裕一町長)は22日、一般会計、5特別会計(国民健康保険、下水道、介護保険、給食、後期高…
  6.  関東で一番早い飯泉観音の「だるま市」が12月17日から、坂東三十三観音の五番札所として知られる小田…

ページビュー

  • 106396総閲覧数:
  • 29今日の閲覧数:
  • 33昨日の閲覧数:
  • 836月別閲覧数:
ページ上部へ戻る