【箱根町】山岳事故想定しヘリ救助訓練/箱根町消防署と横浜市消防局が連携強化

 箱根町消防署(関田和明署長)は11月2日、神奈川県下消防相互応援協定に基づき、横浜消防局航空隊の協力を得て山岳事故を想定したヘリコプターによる救助実践訓練を実施、連携強化を図った。同月13日にも係員を変えて実施する。

地上約80メートルでホバリングするヘリ「はまちどり2」から降下する隊員

ダミー人形を乗せたストレッチャーを抱える隊員


 平成23年以来6年ぶりとなる訓練には、湯河原町消防署も含め約40人が参加。同日午前10時から航空隊への応援要請、活動方法、安全管理など座学に取り組んだ。
 救助訓練は、周辺に雑木林が広がる箱根町の仙石原浄水センター付近で行われた。横浜消防局航空隊のヘリ「はまちどり2」が地上約80メートルでホバリングする中、同隊員2人がロープを使って現場に降り立った後、ダミー人形を乗せたストレッチャーを吊り上げてヘリに収容、箱根町消防署員が誘導する近くの広場まで搬送した。
 関田消防長は「ヘリを使った実践訓練を通して、細部にわたって確認・実施することができた。これからも関係機関との連携強化を図っていきたい」と話している。
(伊豆さがみ情報ネット)

関連記事

注目の記事

  1.  「日本一遅い紅葉」で知られる熱海梅園で「もみじまつり」が11月11日に開幕する。園内には380本の…
  2.  神奈川県西部1市3町の“山”と“森”と“里”を結んだ「あしがら雛めぐり」は、《雛の舘・森のひなまつ…
  3.  全印刷局労働組合小田原支部の下川光男執行委員長と中崎貴洋青年女性対策部長はこのほど、小田原市役所に…
  4.  来年6月28日~7月1日に初開催される「熱海国際映画祭」(実行委員会主催)に、市が500万円の補助…
  5.  里都(さと)まち♥なかいの魅力をギッシリ!詰め込んだ、中井町のビッグイベント「美・緑(みりょく)な…
  6.  世界的な日本食ブームを背景に日本酒の人気が高まる中、江戸時代の寛政元(1789)年に創業、7代続く…

ページビュー

  • 72495総閲覧数:
  • 0今日の閲覧数:
  • 67昨日の閲覧数:
  • 1412月別閲覧数:
ページ上部へ戻る