【箱根町】山岳事故想定しヘリ救助訓練/箱根町消防署と横浜市消防局が連携強化

 箱根町消防署(関田和明署長)は11月2日、神奈川県下消防相互応援協定に基づき、横浜消防局航空隊の協力を得て山岳事故を想定したヘリコプターによる救助実践訓練を実施、連携強化を図った。同月13日にも係員を変えて実施する。

地上約80メートルでホバリングするヘリ「はまちどり2」から降下する隊員

ダミー人形を乗せたストレッチャーを抱える隊員


 平成23年以来6年ぶりとなる訓練には、湯河原町消防署も含め約40人が参加。同日午前10時から航空隊への応援要請、活動方法、安全管理など座学に取り組んだ。
 救助訓練は、周辺に雑木林が広がる箱根町の仙石原浄水センター付近で行われた。横浜消防局航空隊のヘリ「はまちどり2」が地上約80メートルでホバリングする中、同隊員2人がロープを使って現場に降り立った後、ダミー人形を乗せたストレッチャーを吊り上げてヘリに収容、箱根町消防署員が誘導する近くの広場まで搬送した。
 関田消防長は「ヘリを使った実践訓練を通して、細部にわたって確認・実施することができた。これからも関係機関との連携強化を図っていきたい」と話している。
(伊豆さがみ情報ネット)

関連記事

注目の記事

  1.  南足柄市(加藤修平市長)などは11月11日午後1時45分から、東日本大震災の教訓を生かし、減災に必…
  2.  中井・なかい・なかいい・仲いい……にかけて、11月22日の《いい夫婦の日》を前にした19日午後1時…
  3.  1月10日は、「いとうの日」。伊東市内では、110をキーワードに多くのイベントや特典が予定されてい…
  4.  熱海市の「ミス熱海梅の女王」(熱海市観光協会主催)の発表と任命式が12月10日、起雲閣であり、増田…
  5.  伊東市川奈の「伊豆高原ステンドグラス美術館」では春の特別感謝日として、3月5日・6日の両日を入館無…
  6.  湯河原町(冨田幸宏町長)はこのほど、正月の風物詩「第94回東京箱根間往復大学駅伝競走大会」(箱根駅…

ページビュー

  • 131259総閲覧数:
  • 52今日の閲覧数:
  • 62昨日の閲覧数:
  • 1512月別閲覧数:
ページ上部へ戻る