【山北町】人馬一体の妙技に沸く/鎌倉武士偲ばせる室生神社の流鏑馬

 鎌倉時代の故事を起源とする山北町・室生神社の流鏑馬(やぶさめ)が3日、神社前の道に砂を敷き詰めた約300メートルの特設馬場で行われた。
 鎌倉時代の史書『吾妻鏡』には、「河村城主・河村義秀が源頼朝の石橋山挙兵の時、平家方に味方したため領地を没収され、斬刑に処せられるところ、建久元(1190)年9月3日に鎌倉八幡宮で行われた流鏑馬の妙技で旧領に復帰できた」とあり、江戸時代に編纂された『新編相模国風土記稿』に流鏑馬の行事が記されている。

 流鏑馬は、3つの的の当たり矢(一の的:早稲、二の的:中稲、三の的:晩稲)の数によって翌年の稲作を占い、豊作の見込まれる品種を選ぶ目安とし、多くの矢を当てることにより豊作を祈願したと云う。

 観衆が見守る中、露払いと射手が、金糸三巴刺繍の腹掛け、紅い陣羽織、鶏毛を立てた兜(かぶと)、縞柄の下履きに射小手という鎌倉武士を偲ばせる馬上姿も勇ましく登場。神職により榊で馬場を清めながら「垢離(こり)取りの儀」を行った後、馬上で日の丸の軍扇を上げる露払いに続き、射手が疾走する馬上から矢を放ち、90センチ四方のスギ板の的を“バシッ”“バシッ”と射抜くたびに大きな歓声と拍手が沸き起こった。
 2頭駆けの流鏑馬は珍しく、騎射は3回行った後、露払いと射手が交代し、2回行われた。

(伊豆さがみ情報ネット)

関連記事

注目の記事

  1.  江戸川乱歩賞を受賞した「高層の死角」などの作品で知られ、熱海市にゆかりの深い作家森村誠一さん(84…
  2.  石の町・真鶴町(宇賀一章町長)は、1月2日に行われる新春の風物詩「第94回東京箱根間往復大学駅伝競…
  3.  小田原、箱根、真鶴、湯河原、南足柄の2市3町で構成される箱根ジオパーク推進協議会(会長・山口昇士箱…
  4.  開成町(府川裕一町長)のミニ冊子『かいせいびより』(B6変形判、オールカラー、46ページ)がこのほ…
  5.  開成町(府川裕一町長)は22日、一般会計、5特別会計(国民健康保険、下水道、介護保険、給食、後期高…
  6.  神奈川県西部1市3町の“山”と“森”と“里”を結んだ「あしがら雛めぐり」は、《まつだ桜まつり・雛の…

ページビュー

  • 99580総閲覧数:
  • 37今日の閲覧数:
  • 50昨日の閲覧数:
  • 1339月別閲覧数:
ページ上部へ戻る