【小田原市】白亜の天守に菊花がよく似合う/城下町の秋を彩る「第67回小田原城菊花展」(~15日)

 城下町・小田原の秋の風物詩として親しまれている「第67回小田原城菊花展」が、観光客らで賑わう小田原城址公園本丸広場で開かれている。11月15日まで。時間は午前10時~午後4時。主催は小田原市観光協会と小田原清香会。

 会場には、花が直径18センチ以上の大菊をはじめ、数百枚の花弁が花芯の中央に向かって鱗(うろこ)状に高く盛り上がった厚物(あつもの)や、管状の花弁が真っ直ぐに伸びて、花弁の先は小さく玉巻き状となる「管物(くだもの)」、江戸時代中期に各地の殿様の保護奨励によって地域独自の発展を遂げた「古典菊」、オランダで改良されて日本に里帰りした「スプレー菊」、岩壁に楚々と咲き匂う自然の妙味を小菊で表現した「懸崖(けんがい)」など丹精込めて育てた約700点が、澄み切った秋空にそびえる白亜の天守をバックに美を競っている。
 また、箱根連山を背景に小田原のシンボル・小田原城のミニチュアを小菊で飾った「小菊総合花壇」をバックに写真を撮る観光客の姿も多い。
 第67回小田原城菊花展のHPは、http://www.odawara-kankou.com/event/kikkaten.html

関連記事

注目の記事

  1.  小田原市は脳血管疾患(脳卒中)の死亡率が、県内19市の中で2位と国や県と比較すると死亡率が高い状況…
  2.  海とともに生きる真鶴町の古き祭と新しき祭を後世に伝える「豊漁豊作祭~真鶴 龍宮祭」が秋晴れに恵まれ…
  3.  江戸時代中期から相模地方に伝わる相模人形芝居の五座が一堂に揃い、日ごろの鍛錬の成果を披露する「第4…
  4.  小田急電鉄(星野晃司社長、本社・東京都新宿区)は2018年3月のダイヤ改正にあわせ、JR東海御殿場…
  5.  開成町(府川裕一町長)は22日、一般会計、5特別会計(国民健康保険、下水道、介護保険、給食、後期高…
  6. 江戸時代の文政8(1825)年創業の老舗造り酒屋・中澤酒造(10代目・鍵和田茂社長、松田町)は12月…

ページビュー

  • 84122総閲覧数:
  • 118今日の閲覧数:
  • 115昨日の閲覧数:
  • 2408月別閲覧数:
ページ上部へ戻る