【伊東市】小学生が起業体験、11月12日に集大成、いよいよ商品販売!

 伊東市内の小学生たちが、模擬的な会社をつくり、商品の企画から販売までを行う起業体験「伊東こどもビジネス体験塾【BIP】」の集大成となる商品販売が11月12日、キネマ通りの「サンデー・キネマーケット」で行われる。

11/12の商品販売本番に向けて、接客や商品説明などを学ぶ小学生たち

 この起業体験は、伊東商工会議所青年部「気鋭の会」が進めているもので、ミサンガやヘアゴムなどを扱う「HAPPY NEOKI」(ハッピーネオキ、南小6年)、アロマキャンドルやクリスマスオーナメントなどの「10ANTS」(テンアンツ、西小6年)、観葉植物などの「伊東西ジャパ商店」(西小6年)の模擬株式会社3社を設立し、実際の商品販売に向けて、事業計画から予算の立て方、商品企画、陳列、商品説明、接客などの販売手法を学んできた。
 11月12日の商品販売後は、それぞれで「決算」を行い、自分たちが立ち上げた会社の「業績」をまとめる。
(伊豆さがみ情報ネット)

関連記事

注目の記事

  1.  松田町(本山博幸町長)は、同町寄(やどりき)の〈魅力を活かした仕事づくりに関心のある人〉、〈寄で仕…
  2.  みかんの生産者や加工業者、JA、企業、消費者など、みかんに携わる広範な関係者が一堂に会して事例共有…
  3.  小田原市(加藤憲一市長)は「第64回文化財防火デー」の26日午前9時30分から、同市板橋の松永記念…
  4.  小田急電鉄(星野晃司社長、本社:東京都新宿区)は10月16日、箱根町(山口昇士町長)に箱根の天然水…
  5.  真鶴町議会(高橋敦議長)の12月定例会は、7・8日の会期2日間の日程で開かれる。  上程案件は、…
  6.  世界的な日本食ブームを背景に日本酒の人気が高まる中、江戸時代の寛政元(1789)年に創業、7代続く…

ページビュー

  • 91634総閲覧数:
  • 36今日の閲覧数:
  • 43昨日の閲覧数:
  • 1241月別閲覧数:
ページ上部へ戻る