【小田原市・熱海市】絵図と写真で”温泉街・熱海”を偲ぶ/ギャラリー箱根口門

 木々の葉が色づき始めた小田原城址公園に近いギャラリー箱根口門(杉山機一館主、小田原市南町)では、尾崎紅葉の『金色夜叉』の舞台として全国的に知られる温泉街・熱海温泉の風情を江戸期から明治・大正、そして昭和初期の絵図や写真、木・銅版画、温泉案内(旅館・ホテルのパンフレット)などで偲ぶ企画展「熱海~絵図と写真」を開いている。開館は、12月3日までの金・土・日の午前10時~午後3時。

 同展では、元禄8(1695)年の木版刷り絵図「豆州熱海湯治道知辺(ずしゅうあたみとうじみちしるべ)」をはじめ上町・本町・下町など通りが記された木版画「熱海温泉案内(仮題)」(明治10年頃)、銅版画「豆州熱海全圖」、鮮やかな手彩色の「熱海温泉案内図」(昭和初期)、など往事を偲ばせる絵図。当時の繁盛ぶりが窺える老舗旅館や温泉街の町並みを撮った写真、昭和30年代に白いドレスに白のスーツケースを持ったアベックで賑わった新婚旅行のメッカ・熱海温泉の観光・旅館案内パンフレットなどで“温泉街・熱海”を今に伝えている。
 問い合わせは、杉山機一さん(携帯070-5554-9930)。
(伊豆さがみ情報ネット)

関連記事

注目の記事

  1.  9月10日執行の松田町長選で再選を果たした本山博幸町長が25日、決意も新たに2期目の初登庁をした。…
  2.  小田原に古くから栄え・今に伝える《かまぼこ・漬け物・菓子・ひもの・塩辛・木工》など地域資産の工夫を…
  3.  《火の用心 ことばを形に 習慣に》を全国統一防火標語にした「秋季全国火災予防運動」が7日から始まっ…
  4. 二見康一さん(ふたみ・こういち): 11月26日逝去、67歳。熱海市銀座町。老舗干物店「釜鶴」社長…
  5.  伊東市で1月27日、28日の両日に「第24回伊東温泉めちゃくちゃ市」が開催された。伊東オレンジビー…
  6.  小田原市は10月5日までに、小田原市・南足柄市「中心市のあり方」に関する任意協議会の結果と市の合併…

ページビュー

  • 89947総閲覧数:
  • 26今日の閲覧数:
  • 78昨日の閲覧数:
  • 2069月別閲覧数:
ページ上部へ戻る