【熱海市】色づく姫の沢公園 紅葉、ツワブキ、コブクザクラ、サザンカ

 熱海市でも朝晩に冷え込む日が増え、姫の沢公園では木々が急速に色づき、入口付近のケヤキやカエデが見頃を迎えつつある。

 11月7日は青空に恵まれ、多くの市民や観光客が繰り出した。ハイカーたちは色づいた木々の前で足を止めたり、落ち葉ひろいをしたりして、秋のパノラマ世界を先取り。
黄色のツワブキや年に2回花を咲かせるコブクザクラも桜色の可憐を花を咲かせ、彩りを添えている。冬を代表する花サザンカもピンク、赤、白の花を咲かせ、園内のそこかしこで秋の深まりを告げている。
(熱海ネット新聞)

関連記事

注目の記事

  1.  小田急グループの箱根観光船(國廣誠社長、本社・小田原市)は、3月24・25日の両日、春の想い出づく…
  2.  全国に日帰り・宿泊温泉施設を展開する万葉倶楽部(本社・小田原市、高橋弘会長)は11月29日、同グル…
  3. 二見康一さん(ふたみ・こういち): 11月26日逝去、67歳。熱海市銀座町。老舗干物店「釜鶴」社長…
  4.  来年6月28日~7月1日に初開催される「熱海国際映画祭」(実行委員会主催)に、市が500万円の補助…
  5.  《次代の山北を担う子どもたちが、議会の仕組みを知り、町の姿に関心を持って貰おう》と山北町(湯川裕司…
  6.  南足柄市(加藤修平市長)は平成30年1月5日午前10時から、南足柄市表彰条例に基づき、市民の模範と…

ページビュー

  • 91662総閲覧数:
  • 6今日の閲覧数:
  • 58昨日の閲覧数:
  • 1269月別閲覧数:
ページ上部へ戻る