【熱海市】色づく姫の沢公園 紅葉、ツワブキ、コブクザクラ、サザンカ

 熱海市でも朝晩に冷え込む日が増え、姫の沢公園では木々が急速に色づき、入口付近のケヤキやカエデが見頃を迎えつつある。

 11月7日は青空に恵まれ、多くの市民や観光客が繰り出した。ハイカーたちは色づいた木々の前で足を止めたり、落ち葉ひろいをしたりして、秋のパノラマ世界を先取り。
黄色のツワブキや年に2回花を咲かせるコブクザクラも桜色の可憐を花を咲かせ、彩りを添えている。冬を代表する花サザンカもピンク、赤、白の花を咲かせ、園内のそこかしこで秋の深まりを告げている。
(熱海ネット新聞)

関連記事

注目の記事

  1.  南足柄市の加藤修平市長は12月1日、小田原市との「中心市のあり方」について「小田原市と南足柄による…
  2.  今年のフィナーレを飾る「忘年熱海海上花火大会」(主催=熱海市ホテル旅館協同組合連合会)が12月17…
  3.  伊東商工会議所青年部(気鋭の会)主催による「仕事のコツ」セミナーがこのほど開催され、平日の仕事帰り…
  4.  熱海の春の最大イベント「第74回梅まつり」が1月6日、熱海梅園で開幕する。熱海市観光協会の主催。 …
  5.  南足柄市(加藤修平市長)は12月10日、市役所玄関前の市民広場で「ウガンダ共和国への消防自動車贈呈…
  6.  熱海市議会11月定例会の議会運営委員会が12月1日、市役所で開かれ、議会側が齊藤栄市長の議会軽視の…

ページビュー

  • 86330総閲覧数:
  • 67今日の閲覧数:
  • 63昨日の閲覧数:
  • 885月別閲覧数:
ページ上部へ戻る