【小田原市】「報徳 九転十起人生塾」が20万円寄付/横浜高前野球部監督・渡辺元智さんのチャリティー講演会

 小田原市を中心に県西地域で活動する「報徳 九転十起人生塾」の田嶋享塾長ら4人が7日午後、小田原市役所に加藤憲一市長を訪ね、地域福祉活動の推進に役立てて欲しいとの願いを込めて小田原市社会福祉基金に20万8793円を寄付した。

加藤憲一市長に目録を手渡す塾長・田嶋享さんと副塾長・松下民雄さん、近藤克明さん、川崎雅一さん(右から)

同人生塾は、二宮尊徳の報徳思想を礎に京浜工業地帯の形成など日本の臨海工業地帯開発の父と呼ばれ、日本の産業振興に大きな功績を残した実業家・浅野総一郎の人生訓〈九転十起〉に学ぶ田嶋さんが、人生の艱難辛苦(かんなんしんく)を乗り越え、実績を残した人たちの実体験から人生の指針となる学習の場を創ろうと昨年、立ち上げた。
 寄付金は、甲子園で5回の全国制覇を成し遂げ、横浜高校を全国屈指の名門校へと導いた野球部前監督の渡辺元智さんを講師に招き、11月1日に小田原市民会館で開いたチャリティー講演会「敗北こそ勝利への道」で募った善意10万8793円と同塾からの10万円を合わせたもの。
(伊豆さがみ情報ネット)

関連記事

注目の記事

  1.  伊東市の認知症カフェは先月12月のクリスマスコンサートもお知らせしたが、1月は「冬の音楽祭」という…
  2.  大井町相和地域7集落のひとつ高尾地区の有志で組織する「高尾棚田保存会」(藤澤憲吾代表、会員10人)…
  3.  伊豆高原のCafé Beにて「地域内交通を考える」という勉強会が2月16日に開かれ、この分野の権威…
  4.  中井町議会(岸光男議長)の12月定例会は、5日から8日までの会期4日間の日程で行われる。  上程…
  5.  開成町の地域資源を活用した“出会いの場”をプロデュースする「第3回かいせい恋活街コン」が3月3日1…
  6.  “青く澄んだ空をこどもたちにバトンタッチしよう”を合言葉に、小田原市を全国屈指の“スマートシティ”…

ページビュー

  • 91662総閲覧数:
  • 6今日の閲覧数:
  • 58昨日の閲覧数:
  • 1269月別閲覧数:
ページ上部へ戻る