【南足柄市】市内企業と連携「エコな畳を知る講座」/11月29日に座学&小物づくり&工場見学

  古代の筵(むしろ)・茣蓙(ござ)など薄い敷物の総称から、時代とともに進化を遂げてきた畳は、日本固有の文化として定着している。
 南足柄市(加藤修平市長)では11月29日午前10時から、市内の企業と連携して開催する「エコな畳を知る講座~進化する畳事情&畳de小物づくり&最新畳工場見学」の参加者を募集している。対象は南足柄市民(先着20人)。参加費は無料。集合場所は同市関本の市役所に隣接するりんどう会館3階大会議室。持ち物は筆記用具と飲み物。  講座は、座学(畳の話=歴史、種類、断熱・保温性・空気浄化機能などの良さ再発見…、小物づくり体験:畳コースター&ストラップ)の後、同市関本の(有)村上畳店の最新畳工場見学(午前11時30分ごろ現地解散)。
 申し込み・問い合わせは、南足柄市生涯学習課(0465-73-8036)。

(伊豆さがみ情報ネット)

関連記事

注目の記事

  1.  「日本一遅い紅葉」で知られる熱海梅園で「もみじまつり」が11月11日に開幕する。園内には380本の…
  2.  南足柄市(加藤修平市長)は2月13日、一般会計と6特別会計(国民健康保険、訪問看護ステーション、介…
  3.  江戸時代の農政家・二宮尊徳(金次郎)の事績を顕彰し、偉業を学べる小田原市栢山の尊徳記念館ではこのほ…
  4.  小田原、箱根、真鶴、湯河原、南足柄の2市3町で構成される箱根ジオパーク推進協議会(会長・山口昇士箱…
  5.  県立熱海高校の通学路を兼ねて新たな観光名所にしようと熱海市が15年かけて整備し、今年3月に完成した…
  6.  南足柄市の加藤修平市長は12月1日、小田原市との「中心市のあり方」について「小田原市と南足柄による…

ページビュー

  • 89642総閲覧数:
  • 33今日の閲覧数:
  • 67昨日の閲覧数:
  • 1764月別閲覧数:
ページ上部へ戻る