【南足柄市】市内企業と連携「エコな畳を知る講座」/11月29日に座学&小物づくり&工場見学

  古代の筵(むしろ)・茣蓙(ござ)など薄い敷物の総称から、時代とともに進化を遂げてきた畳は、日本固有の文化として定着している。
 南足柄市(加藤修平市長)では11月29日午前10時から、市内の企業と連携して開催する「エコな畳を知る講座~進化する畳事情&畳de小物づくり&最新畳工場見学」の参加者を募集している。対象は南足柄市民(先着20人)。参加費は無料。集合場所は同市関本の市役所に隣接するりんどう会館3階大会議室。持ち物は筆記用具と飲み物。  講座は、座学(畳の話=歴史、種類、断熱・保温性・空気浄化機能などの良さ再発見…、小物づくり体験:畳コースター&ストラップ)の後、同市関本の(有)村上畳店の最新畳工場見学(午前11時30分ごろ現地解散)。
 申し込み・問い合わせは、南足柄市生涯学習課(0465-73-8036)。

(伊豆さがみ情報ネット)

関連記事

注目の記事

  1.  冬から早春の小田原城を舞台に繰り広げられる光と音のファンタジーショー「小田原城 冬桜イルミネーショ…
  2.  熱海市渚町の熱海交通自動車が11月27日をもって事業を停止した。静岡地裁沼津支部に自己破産手続きの…
  3.  小田原市(加藤憲一市長)はこのほど、外国人をはじめ小田原を訪れる観光客らのニーズが高い無料Wi-F…
  4.  日本最大級のシャンソンの祭典・パリ祭の小田原版・「小田原パリ祭」を7月20日に開催した「小田原パリ…
  5.  熱海市は、耐震問題と利用者減少で2019年3月で市振興公社が管理する姫の沢公園の「自然の家」を撤廃…
  6.  小田急電鉄(星野晃司社長、本社・東京都新宿区)は2018年3月のダイヤ改正にあわせ、JR東海御殿場…

ページビュー

  • 93866総閲覧数:
  • 24今日の閲覧数:
  • 39昨日の閲覧数:
  • 1450月別閲覧数:
ページ上部へ戻る