【南足柄市】市内企業と連携「エコな畳を知る講座」/11月29日に座学&小物づくり&工場見学

  古代の筵(むしろ)・茣蓙(ござ)など薄い敷物の総称から、時代とともに進化を遂げてきた畳は、日本固有の文化として定着している。
 南足柄市(加藤修平市長)では11月29日午前10時から、市内の企業と連携して開催する「エコな畳を知る講座~進化する畳事情&畳de小物づくり&最新畳工場見学」の参加者を募集している。対象は南足柄市民(先着20人)。参加費は無料。集合場所は同市関本の市役所に隣接するりんどう会館3階大会議室。持ち物は筆記用具と飲み物。  講座は、座学(畳の話=歴史、種類、断熱・保温性・空気浄化機能などの良さ再発見…、小物づくり体験:畳コースター&ストラップ)の後、同市関本の(有)村上畳店の最新畳工場見学(午前11時30分ごろ現地解散)。
 申し込み・問い合わせは、南足柄市生涯学習課(0465-73-8036)。

(伊豆さがみ情報ネット)

関連記事

注目の記事

  1.  山北町議会(府川輝夫議長)の「平成30年第一回定例会」は、3月2日から15日までの会期14日間の日…
  2.  関東で一番早い飯泉観音の「だるま市」が12月17日から、坂東三十三観音の五番札所として知られる小田…
  3.  子育て世代を中心にした定住促進を図るため、誰もが安心して子育てできる環境づくりを重点施策に掲げる開…
  4.  日本酒の造り酒屋が、スギの葉(穂先)を集めてボール状にしたものを軒先に吊し、新酒が出来たことを知ら…
  5.  石の町・真鶴町(宇賀一章町長)は、1月2日に行われる新春の風物詩「第94回東京箱根間往復大学駅伝競…
  6.  小田原市消費生活センターはこのほど、悪質商法による高齢者の被害が増加していることから、高齢者を地域…

ページビュー

  • 104914総閲覧数:
  • 22今日の閲覧数:
  • 120昨日の閲覧数:
  • 1266月別閲覧数:
ページ上部へ戻る