【熱海市】11日から熱海梅園「もみじまつり」 市制80周年でバージョンアップ 

 「日本一遅い紅葉」で知られる熱海梅園で「もみじまつり」が11月11日に開幕する。園内には380本のカエデ類が植えられており、11月下旬から12月上旬にかけピークを迎える。初川に架かる五つの橋「梅園五橋」と相まって、美しい秋の風情を演出する。

 初日の11日は、午前11時から市制80年記念事業の一環として開幕セレモニーを開催。齊藤栄市長、中島幹雄熱海市観光協会会長らがあいさつし、熱海芸妓が貫一・お宮に扮して寸劇「金色夜叉」を披露する。
 日曜祝日にはジャズコンサート、ウクレレ演奏会なども催す。園内では足湯(午前10時〜午後4時)やライトアップ(午後4時半〜9時)が楽しめる。12月3日まで。入園無料。
 主催・問い合わせ 熱海市観光協会0557(85)2222
(熱海ネット新聞)

関連記事

注目の記事

  1.  小田原市(加藤憲一市長)と小田原市観光協会(石田武会長)は、市民が選ぶオススメの観光スポット「推し…
  2.  全国に日帰り・宿泊温泉施設を展開する万葉倶楽部(本社・小田原市、高橋弘会長)は11月29日、同グル…
  3.  日本の粋を学ぶ「伊東温泉お座敷文化大学」(主催:伊東市・伊東観光協会)の秋期講座が9月15日(金)…
  4.  1月10日は、「いとうの日」。伊東市内では、110をキーワードに多くのイベントや特典が予定されてい…
  5.  官公庁仕事始めの1月4日、熱海市は第1庁舎4階会議室で仕事始め式を行い、齊藤栄市長は「10年かけて…
  6. 大井町(間宮恒行町長)は2月14日、一般会計と4特別会計(国民健康保険、後期高齢者医療、下水道、介護…

ページビュー

  • 89645総閲覧数:
  • 36今日の閲覧数:
  • 67昨日の閲覧数:
  • 1767月別閲覧数:
ページ上部へ戻る