【熱海市】11日から熱海梅園「もみじまつり」 市制80周年でバージョンアップ 

 「日本一遅い紅葉」で知られる熱海梅園で「もみじまつり」が11月11日に開幕する。園内には380本のカエデ類が植えられており、11月下旬から12月上旬にかけピークを迎える。初川に架かる五つの橋「梅園五橋」と相まって、美しい秋の風情を演出する。

 初日の11日は、午前11時から市制80年記念事業の一環として開幕セレモニーを開催。齊藤栄市長、中島幹雄熱海市観光協会会長らがあいさつし、熱海芸妓が貫一・お宮に扮して寸劇「金色夜叉」を披露する。
 日曜祝日にはジャズコンサート、ウクレレ演奏会なども催す。園内では足湯(午前10時〜午後4時)やライトアップ(午後4時半〜9時)が楽しめる。12月3日まで。入園無料。
 主催・問い合わせ 熱海市観光協会0557(85)2222
(熱海ネット新聞)

関連記事

注目の記事

  1.  神奈川県が市町村の広報活動の向上を図るため、昭和30(1955)年から実施している「平成29年神奈…
  2.  9月10日執行の松田町長選で再選を果たした本山博幸町長が25日、決意も新たに2期目の初登庁をした。…
  3.  南足柄市(加藤修平市長)は、地域資源を生かし作られた産品を“金太郎のふるさと南足柄”のイメージアッ…
  4.  11月10日夜、「伊東温泉尻つみ祭り」(主催:玖須美氏子総代会)が市内の音無神社で開催された。同祭…
  5.  日本三大船まつりのひとつに数えられる真鶴貴船まつり(国指定重要無形文化財)の”輝”を切り撮った「貴…
  6.  熱海市の猟師らでつくる「熱海ワナの会」の有志7人が10月22日、熱海市泉に野生動物解体処理施設「山…

ページビュー

  • 75438総閲覧数:
  • 1今日の閲覧数:
  • 48昨日の閲覧数:
  • 788月別閲覧数:
ページ上部へ戻る