【小田原市】力強く・伸びやかな世界観「橋本樸々回顧展」/ギャラリー NEW 新九郎で(~11月13日)

 碧く輝く相模の海を望む小田原市根府川にアトリエを構え、2013年8月に93歳の天寿をまっとうした画家・橋本樸々(はしもと・ぼくぼく)さんの「回顧展」が、同市中里のダイナシティウエスト4階ギャラリーNEW新九郎で開かれている。11月13日まで。時間は午前10時~午後6時(最終日は午後4時)。
 会場には、制作中の作品に蹲(うずくま)るように倒れ込み絶筆となった「ハゼノ実」、告別式の祭壇の中央に置かれた「釈迦牟尼佛:三尊」をはじめ、「ホトケサマ」、「シャカムニブツ」など、仏像をはじめアジサイやキブシ、タンポポの花をモチーフにした油彩、コラージュなど26点を展示、力強く伸びやかな“樸々さんの世界観”が楽しめる。

樸々さんの遺影と絶筆となった作品「ハゼノ実」

 根府川の海岸に流れ着いた流木を削って制作した板絵、今も表紙絵やカットで誌面を飾る三笠会館の社内報『ルンビニイ&るんびにい』、今年5月に休稿となったが、自ら売り込みに奔走し50年を超えて誌面を飾った月刊仏教誌『大法輪』などで樸々さんの足跡を辿っている。また、独立美術協会を創立した洋画家・里見勝藏宅を訪れ、流木を削って金粉で仕上げした額に里見自ら筆を執った絵(仮・花の女)などもある。

釈迦牟尼佛(三尊)

コラージュ2作品「釈迦牟尼佛」

(伊豆さがみ情報ネット)

関連記事

注目の記事

  1.  「平成30年第1回定例会」を開会中の南足柄市議会(内田克己議長)の代表質問は、3月7日に3会派、8…
  2.  首都圏の人気マラソン大会は抽選で走れない人が続出するなど世は空前のマラソンブーム。ただ走るだけでな…
  3.  衆院選(10月22日投開票)公示後、最後の日曜日なった10月15日、自民党の「最強助っ人」小泉進次…
  4.  開成町(府川裕一町長)は22日、一般会計、5特別会計(国民健康保険、下水道、介護保険、給食、後期高…
  5.  神奈川県内で面積の一番小さな町の魅力を“パチリ”と撮った「2017開成町観光フォトコンテスト」の審…
  6.  「地域の絆を、みんなで」を掲げる小田原市自治会総連合(木村秀昭会長)は平成30年1月9日から、地域…

ページビュー

  • 72493総閲覧数:
  • 65今日の閲覧数:
  • 52昨日の閲覧数:
  • 1410月別閲覧数:
ページ上部へ戻る