【小田原市】力強く・伸びやかな世界観「橋本樸々回顧展」/ギャラリー NEW 新九郎で(~11月13日)

 碧く輝く相模の海を望む小田原市根府川にアトリエを構え、2013年8月に93歳の天寿をまっとうした画家・橋本樸々(はしもと・ぼくぼく)さんの「回顧展」が、同市中里のダイナシティウエスト4階ギャラリーNEW新九郎で開かれている。11月13日まで。時間は午前10時~午後6時(最終日は午後4時)。
 会場には、制作中の作品に蹲(うずくま)るように倒れ込み絶筆となった「ハゼノ実」、告別式の祭壇の中央に置かれた「釈迦牟尼佛:三尊」をはじめ、「ホトケサマ」、「シャカムニブツ」など、仏像をはじめアジサイやキブシ、タンポポの花をモチーフにした油彩、コラージュなど26点を展示、力強く伸びやかな“樸々さんの世界観”が楽しめる。

樸々さんの遺影と絶筆となった作品「ハゼノ実」

 根府川の海岸に流れ着いた流木を削って制作した板絵、今も表紙絵やカットで誌面を飾る三笠会館の社内報『ルンビニイ&るんびにい』、今年5月に休稿となったが、自ら売り込みに奔走し50年を超えて誌面を飾った月刊仏教誌『大法輪』などで樸々さんの足跡を辿っている。また、独立美術協会を創立した洋画家・里見勝藏宅を訪れ、流木を削って金粉で仕上げした額に里見自ら筆を執った絵(仮・花の女)などもある。

釈迦牟尼佛(三尊)

コラージュ2作品「釈迦牟尼佛」

(伊豆さがみ情報ネット)

関連記事

注目の記事

  1.  熱海市は12月4日、東京・千代田区の日本記者クラブで会見を開き、「第1回熱海国際映画祭」の概要を発…
  2.  投票締め切り直後の午後8時4分ごろ、テレビから出口調査の結果をもとに「牧島かれんさん当確」の報が流…
  3.  大滑車に取り付けた長さ9メートルの大数珠を床に投げつけながら廻す、全国でも珍しい行法「世附(よづく…
  4.  日本の粋を学ぶ「伊東温泉お座敷文化大学」(主催:伊東市・伊東観光協会)の秋期講座が9月15日(金)…
  5.  山北町(湯川裕司町長)は来年1月13日から、3回シリーズで町の歴史や文化財など山北の魅力を再発見す…
  6.  伊東商工会議所青年部(気鋭の会)主催による「仕事のコツ」セミナーがこのほど開催され、平日の仕事帰り…

ページビュー

  • 102894総閲覧数:
  • 12今日の閲覧数:
  • 25昨日の閲覧数:
  • 633月別閲覧数:
ページ上部へ戻る