【伊東市】伊東温泉尻つみ祭り、無言の神事、にぎやかな尻相撲!

 11月10日夜、「伊東温泉尻つみ祭り」(主催:玖須美氏子総代会)が市内の音無神社で開催された。同祭は、「奇祭」としても知られるが、時の流人・源頼朝と八重姫の悲恋の逢瀬の場とされた音無神社。ふたりの密会ゆえに声を出さずお互いの「尻をつねり」相手を確認したという伝説にちなみ、暗闇の中で隣の参列者に無言で尻をつまみ合図を送り、お神酒を回してゆくという形で神事が毎年行われる。

 本年も神事につづいて恒例の「尻相撲」大会が開かれ盛り上がった。10日は日中の好天から冷え込んだ神社境内だったものの、「ぴーひゃら」のお囃子、「どどんがどん」の掛け声とともに、尻相撲決戦に多くの目が注がれた。女性同士や同じチーム内での対戦、体格差が歴然な対戦には「がんばれー!」と大きな掛け声がかかり、大会を盛り上げトーナメント戦が展開された。神事の「静」と相撲大会の「動」が興味深い祭りである。
(伊豆さがみ情報ネット)

関連記事

注目の記事

  1.  熱海市下多賀の小山毘沙門堂で3日早朝、普段は見られない「毘沙門天王像」がご開帳された。鎌倉時代を代…
  2.  希望の党は10月27日、国会内で両院議員総会を開催し、11月1日召集の特別国会の首相指名選挙で、渡…
  3.  早咲きから中咲き、そして遅咲きまで約200品種480本の梅が咲き誇る小田原フラワーガーデン(小田原…
  4.  神奈川県が市町村の広報活動の向上を図るため、昭和30(1955)年から実施している「平成29年神奈…
  5.  地方創生の優良事例として全国から注目される鹿児島県鹿屋市串良町柳谷地区(通称・やねだん)のリーダー…
  6.  松田町議会(中野博議長)の12月定例会は、5日から8日までの会期4日間の日程で開かれる。  上程…

ページビュー

  • 101121総閲覧数:
  • 5今日の閲覧数:
  • 111昨日の閲覧数:
  • 945月別閲覧数:
ページ上部へ戻る