【伊東市】伊東温泉尻つみ祭り、無言の神事、にぎやかな尻相撲!

 11月10日夜、「伊東温泉尻つみ祭り」(主催:玖須美氏子総代会)が市内の音無神社で開催された。同祭は、「奇祭」としても知られるが、時の流人・源頼朝と八重姫の悲恋の逢瀬の場とされた音無神社。ふたりの密会ゆえに声を出さずお互いの「尻をつねり」相手を確認したという伝説にちなみ、暗闇の中で隣の参列者に無言で尻をつまみ合図を送り、お神酒を回してゆくという形で神事が毎年行われる。

 本年も神事につづいて恒例の「尻相撲」大会が開かれ盛り上がった。10日は日中の好天から冷え込んだ神社境内だったものの、「ぴーひゃら」のお囃子、「どどんがどん」の掛け声とともに、尻相撲決戦に多くの目が注がれた。女性同士や同じチーム内での対戦、体格差が歴然な対戦には「がんばれー!」と大きな掛け声がかかり、大会を盛り上げトーナメント戦が展開された。神事の「静」と相撲大会の「動」が興味深い祭りである。
(伊豆さがみ情報ネット)

関連記事

注目の記事

  1.  人口1万人規模の自治体で、実現可能な〈自然エネルギーによる地域再生モデル〉の構築に取り組む松田町(…
  2.  “青く澄んだ空をこどもたちにバトンタッチしよう”を合言葉に、小田原市を全国屈指の“スマートシティ”…
  3.  小田原市城山の居神神社(村上國起宮司)は12月24日、小田原北条氏2代氏綱公が3代氏康公へ伝えた『…
  4.  開成町議会(茅沼隆文議長)はこのほど、全国町村議会議長会(櫻井正人会長)から通年議会や日曜議会の開…
  5.  小田原城では初めての試みとなる体感型イルミネーションイベント「小田原城 冬桜イルミネーション ~ …
  6.  みかんの生産者や加工業者、JA、企業、消費者など、みかんに携わる広範な関係者が一堂に会して事例共有…

ページビュー

  • 80244総閲覧数:
  • 18今日の閲覧数:
  • 90昨日の閲覧数:
  • 1592月別閲覧数:
ページ上部へ戻る