【大井町】町のキャラクターと富士山をデザイン/”走る広告塔”ご当地ナンバー「原付バイク」交付へ(来年1月4日~)

 町の花・スイセンが咲き、富士山を望むのどかな町のPRや町民への愛着を深めてもらおう-と、大井町(間宮恒行町長)は平成30年1月4日から、125cc以下の原動機付自転車(原付バイク)を対象に、“走る広告塔”とも云われる「ご当地ナンバープレート」の交付を始める。受付時間は午前8時30分から午後5時15分。

”走る広告塔”として期待される、大井町の「ご当地ナンバープレート」

 ご当地ナンバープレートは縦10センチ、横20センチ。白色ナンバー(50cc以下、1から600枚)、黄色ナンバー(90cc以下、1から200枚)、桃色ナンバー(125cc以下、1から200枚)を発行する。いずれも下一桁の4と9は使用しない。

ご当地ナンバープレートをデザインした小澤晴香さん(左)と三川温子さん

 デザインは、町職員の小澤晴香さんと三川温子さんが知恵を絞った。町の花・スイセンを纏ったイメージ・キャラクター「すいっぴー」、関東の富士見100景に認定された大井町から見える富士山と足柄のシンボル・矢倉岳をモチーフに制作した。「すいっぴー」は、シティプロモーション事業の一環として、町の魅力を町内外に発信するのを狙いに2006年の町制施行50周年を記念して制作された。
(伊豆さがみ情報ネット)

関連記事

注目の記事

  1.  五十嵐匠監督・合田雅吏さん主演の二宮尊徳(金次郎)の生涯を描く映画「地上の星-二宮金次郎伝」の撮影…
  2.  大井町(間宮恒行町長)は11月12日午前9時30分から、《ひとと自然が築く美しいまち“おおい”の未…
  3.  市民ホール整備事業に伴う設計施工事業者の選定で、小田原市は9月19日、プロポーザルの一次審査結果を…
  4.  小田急電鉄(星野晃司社長、本社・東京都新宿区)が導入を進める新型特急ロマンスカー70000形の車体…
  5.  鎌倉時代の故事を起源とする山北町・室生神社の流鏑馬(やぶさめ)が3日、神社前の道に砂を敷き詰めた約…
  6.  首都圏の人気マラソン大会は抽選で走れない人が続出するなど世は空前のマラソンブーム。ただ走るだけでな…

ページビュー

  • 77994総閲覧数:
  • 33今日の閲覧数:
  • 55昨日の閲覧数:
  • 1468月別閲覧数:
ページ上部へ戻る