【大井町】町のキャラクターと富士山をデザイン/”走る広告塔”ご当地ナンバー「原付バイク」交付へ(来年1月4日~)

 町の花・スイセンが咲き、富士山を望むのどかな町のPRや町民への愛着を深めてもらおう-と、大井町(間宮恒行町長)は平成30年1月4日から、125cc以下の原動機付自転車(原付バイク)を対象に、“走る広告塔”とも云われる「ご当地ナンバープレート」の交付を始める。受付時間は午前8時30分から午後5時15分。

”走る広告塔”として期待される、大井町の「ご当地ナンバープレート」

 ご当地ナンバープレートは縦10センチ、横20センチ。白色ナンバー(50cc以下、1から600枚)、黄色ナンバー(90cc以下、1から200枚)、桃色ナンバー(125cc以下、1から200枚)を発行する。いずれも下一桁の4と9は使用しない。

ご当地ナンバープレートをデザインした小澤晴香さん(左)と三川温子さん

 デザインは、町職員の小澤晴香さんと三川温子さんが知恵を絞った。町の花・スイセンを纏ったイメージ・キャラクター「すいっぴー」、関東の富士見100景に認定された大井町から見える富士山と足柄のシンボル・矢倉岳をモチーフに制作した。「すいっぴー」は、シティプロモーション事業の一環として、町の魅力を町内外に発信するのを狙いに2006年の町制施行50周年を記念して制作された。
(伊豆さがみ情報ネット)

関連記事

注目の記事

  1.  全国に日帰り・宿泊温泉施設を展開する万葉倶楽部(本社・小田原市、高橋弘会長)は11月29日、同グル…
  2.  開成町の地域資源を活用した“出会いの場”をプロデュースする「第3回かいせい恋活街コン」が3月3日1…
  3.  城下町・小田原の秋の風物詩として親しまれている「第67回小田原城菊花展」が、観光客らで賑わう小田原…
  4.  無投票モードから一転、投票モードとなった箱根町議選は9月24日、投開票された。現職13人と新人3人…
  5.  熱海市は、市制80周年事業の一環として「マンホール蓋(ふた)」を活用した観光振興に乗り出した。「梅…
  6.  全印刷局労働組合小田原支部の下川光男執行委員長と中崎貴洋青年女性対策部長はこのほど、小田原市役所に…

ページビュー

  • 97903総閲覧数:
  • 4今日の閲覧数:
  • 29昨日の閲覧数:
  • 3845月別閲覧数:
ページ上部へ戻る