【真鶴町】賑わった!!海神のまち・真鶴/豊漁豊作祭「真鶴 龍宮祭」

 海とともに生きる真鶴町の古き祭と新しき祭を後世に伝える「豊漁豊作祭~真鶴 龍宮祭」が秋晴れに恵まれた11月11・12日、真鶴港の岸壁広場周辺で賑やかに行われた。
 初日の11月11日は、日本三大船まつりの一つに数えられる〈貴船まつり〉で知られる貴船神社の宮司による海神(わたつみ)への感謝を表す神事に始まった。岩壁広場には、新鮮な海の幸を販売するテントや屋台がズラリと並び、潮風を受けながら真鶴の味に舌鼓を打つ人たちで賑わった。

 午後は、真鶴町はじめ小田原市など近隣や平塚市、秦野市、横浜市、そして静岡県伊東市など県内外から駆け付けた27チームによる「第14回真鶴よさこい大漁フェスティバル」の流し演舞がスタート、軽快なよさこい節のリズムに乗って威勢の良い声が響き渡り、いつもは静かな町内に活気があふれた。

 定点演舞の舞台は、岩壁に繋がれた台船。化粧と衣装に工夫を凝らした各チームは、寄せる波の揺れにも負けず、彩りも華やかな舞傘や舞扇を手に躍動感あふれる踊りを披露、詰めかけた人たちを”雅の世界“へと誘った。トリを飾ったフラッグパフォーマンス集団は、旗にかけた男たちの熱き魂と男気あふれる力強いパフォーマンスで会場を盛り上げた。
 表彰式では、最優秀・優秀・優良の各賞に輝いた3チームが、夕焼けに染まる真鶴の海をバックに華麗な踊りを魅せた後、花火が打ち上げられる中、約630人の踊り手による総踊りの輪が広がり、真鶴の夜を熱くした。

 12日には、巡視艇の乗船体験など海とのふれあい、さんま大祭、ヒップホップダンス、東関東マーチングコンテストに出場した小田原東高校のマーチングバンド、商店街おもてなしのストリートライブなどがあり、賑わった。
 「真鶴よさこい大漁フェスティバル」の入賞チームは次の通り。
 《最優秀賞》=▽乱気流(小田原市)
 《優秀賞》=▽関東学院大学“誇咲”(横浜市)
 《優良賞》=▽真鶴ぼんぼんざめ(真鶴町)
 《特別賞》=▽東海大学 響(平塚市)▽よさこい魂 和(松田町・大井町)▽踊人~ODORINCHU~(南足柄市)▽伊澤屋(小田原市)
(伊豆さがみ情報ネット)

関連記事

注目の記事

  1.  南足柄市(加藤修平市長)は9月3日、マグニチュード6.7、震度6弱とする神奈川県西部地震を想定した…
  2.  来年6月28日~7月1日に初開催される「熱海国際映画祭」(実行委員会主催)に、市が500万円の補助…
  3.  スギ・ヒノキの新植地での林業被害、里山地域での農業被害による耕作放棄地などシカ問題を考えるシンポジ…
  4.  湯河原町(冨田幸宏町長)と真鶴町(宇賀一章町長)は平成30年1月4日から、妊婦の出産時の移動不安を…
  5.  JR東日本が今年5月から運行を始めた豪華寝台列車「トランスイート四季島」が年末年始コース(12月3…
  6. 江戸時代の文政8(1825)年創業の老舗造り酒屋・中澤酒造(10代目・鍵和田茂社長、松田町)は12月…

ページビュー

  • 93877総閲覧数:
  • 7今日の閲覧数:
  • 28昨日の閲覧数:
  • 1461月別閲覧数:
ページ上部へ戻る