【熱海市】熱海梅園「もみじまつり」開幕 芸妓衆が「金色夜叉」の寸劇披露

 熱海梅園で11月11日、「もみじまつり」(熱海市観光協会主催)が開幕した。今年は市制80年を迎えた熱海市が、「文豪 尾崎紅葉生誕150周年」記念事業の一環としてオープニングイベントを行い、熱海芸妓(げいぎ)の美華(みはな)さんが貫一、静(しずか)さんがお宮にふんして寸劇「金色夜叉」を披露し、熱海海岸での別れの場面を“再現”した。園内のイロハモミジ、ムサシノ、イチジョウなど約380本のカエデは日ごとに色づき、日本一遅い紅葉を楽しもうと多くの団体などの行楽客が訪れた。

開幕式では中島幹雄市観光協会会長、齊藤栄市長、川口健市議会議長があいさつした。もみじまつりは12月4日まで開かれ、期間中は夜間ライトアップされる。入園無料。
(熱海ネット新聞)
■熱海芸妓 立方=紗都美、美保、小夏、美華、静▽地方=小文(唄)、露子(三味線)▽松千代(影囃子)
■試飲・販売 「コーヒーハウス茶々」が熱海ブランドに認定されたオリジナルブレンド「貫一ブレンド」「お宮ブレンド」の試飲会と販売を実施。

関連記事

注目の記事

  1.  小田原市は脳血管疾患(脳卒中)の死亡率が、県内19市の中で2位と国や県と比較すると死亡率が高い状況…
  2.  城下町・小田原の新春の歳時記「第72回小田原元旦初泳ぎ」が1日、小田原市本町の御幸の浜海岸で行われ…
  3.  《火の用心 ことばを形に 習慣に》を全国統一防火標語にした「秋季全国火災予防運動」が7日から始まっ…
  4.  --延暦19(800)年、貞観6(864)年、宝永4(1707)年など古代から幾度となく噴火を繰り…
  5.  真鶴町議会(高橋敦議長)の12月定例会は、7・8日の会期2日間の日程で開かれる。  上程案件は、…
  6.  衆院選(10月22日投開票)公示後、最後の日曜日なった10月15日、自民党の「最強助っ人」小泉進次…

ページビュー

  • 144565総閲覧数:
  • 70今日の閲覧数:
  • 194昨日の閲覧数:
  • 1393月別閲覧数:
ページ上部へ戻る