【熱海市】熱海梅園「もみじまつり」開幕 芸妓衆が「金色夜叉」の寸劇披露

 熱海梅園で11月11日、「もみじまつり」(熱海市観光協会主催)が開幕した。今年は市制80年を迎えた熱海市が、「文豪 尾崎紅葉生誕150周年」記念事業の一環としてオープニングイベントを行い、熱海芸妓(げいぎ)の美華(みはな)さんが貫一、静(しずか)さんがお宮にふんして寸劇「金色夜叉」を披露し、熱海海岸での別れの場面を“再現”した。園内のイロハモミジ、ムサシノ、イチジョウなど約380本のカエデは日ごとに色づき、日本一遅い紅葉を楽しもうと多くの団体などの行楽客が訪れた。

開幕式では中島幹雄市観光協会会長、齊藤栄市長、川口健市議会議長があいさつした。もみじまつりは12月4日まで開かれ、期間中は夜間ライトアップされる。入園無料。
(熱海ネット新聞)
■熱海芸妓 立方=紗都美、美保、小夏、美華、静▽地方=小文(唄)、露子(三味線)▽松千代(影囃子)
■試飲・販売 「コーヒーハウス茶々」が熱海ブランドに認定されたオリジナルブレンド「貫一ブレンド」「お宮ブレンド」の試飲会と販売を実施。

関連記事

注目の記事

  1.  縁起物の瓢箪(ひょうたん)で町おこしを進める大井町(間宮恒行町長)の自慢が大集合する新春恒例の「第…
  2.  伊東商工会議所で1月13日、「伊東創業塾」(全3回)がスタートした。伊東創業塾は、起業・創業の実現…
  3. 二見康一さん(ふたみ・こういち): 11月26日逝去、67歳。熱海市銀座町。老舗干物店「釜鶴」社長…
  4.  小田原の早春の歳時記「小田原梅まつり」(2月3日~3月4日)を前に、梅の剪定作業が6日、早咲きの寒…
  5.  雪化粧をした霊峰・富士山と箱根連山を背景に3万5千本の白梅が咲く小田原・曽我梅林に時代絵巻を繰り広…
  6.  熱海梅園で1月6日、第74回「梅まつり」が始まり、ひと足早い春を求める観光客でにぎわった。オープニ…

ページビュー

  • 77994総閲覧数:
  • 33今日の閲覧数:
  • 55昨日の閲覧数:
  • 1468月別閲覧数:
ページ上部へ戻る