【小田原市】信用失墜行為で停職処分|小田原市立病院の看護師

 小田原市は11月13日付けで、複数回にわたって飲食店で接客などの副業を行い、また、同病院の医療消耗品を横領したとして、小田原市立病院に勤務する看護師の女性(24)を信用失墜行為に当たるとして停職3カ月間の処分を下した。

 市によるとこの看護師は、平成27年11月から29年8月にかけて計23回にわたって小田原市内の飲食店で接客などに従事し、総額26万円の報酬を得ていた。また、28年8月ごろと29年8月の2回にわたって同病院の手術室から医療消耗品228円相当を横領した。
(伊豆さがみ情報ネット)

関連記事

注目の記事

  1.  《次代の山北を担う子どもたちが、議会の仕組みを知り、町の姿に関心を持って貰おう》と山北町(湯川裕司…
  2.  総務省は12月26日、今年4月1日現在の地方公務員(一般行政職)の給与実態調査の結果を公表した。国…
  3.  山北町議会(府川輝夫議長)の「平成30年第一回定例会」は、3月2日から15日までの会期14日間の日…
  4.  山北町議会(府川輝夫議長)の12月定例会は5日から、8日までの会期4日間の日程で開かれる。  上…
  5.  熱海市の初島の春の風物詩「初島漁師の丼合戦」が2月3日開幕した。7回目となる今年も初島の漁師が営む…
  6.  小田急電鉄(星野晃司社長、本社・東京都新宿区)は2018年3月のダイヤ改正にあわせ、JR東海御殿場…

ページビュー

  • 91662総閲覧数:
  • 6今日の閲覧数:
  • 58昨日の閲覧数:
  • 1269月別閲覧数:
ページ上部へ戻る