【伊東市】伊東高、城ヶ崎分校、伊東商を1つに統合再編へ

 伊東市の県立伊東高校、同校城ケ崎分校、伊東商業の3校が2023年度をめどに統合し、発展的に改編されることが分かった。静岡県教育委員会が10年後の2028年度を見通して県立高の在り方を示す「魅力ある学校づくり推進計画」(第3次長期計画)案を策定する中で明らかになった。11月15日から12月5日まで県民意見を募集し、来年1月下旬をめどに正式決定する。

静岡県立伊東高校

 県教委は県立高全日制の適正規模を1学年6~8学級と設定。1学年4学級以下で推移する見込みの学校から新構想校の対象に選定した。3校の1学年の学級数は伊東高校4、城ヶ崎分校1、伊東商4。将来を見据え、新しい魅力を持たせるために改編する。
(熱海ネット新聞)

関連記事

注目の記事

  1.  任期満了に伴う松田町町長選挙は5日告示され、2期目を目指す現職の本山博幸氏(47、無所属、松田惣領…
  2.  南足柄市(加藤修平市長)などは11月11日午後1時45分から、東日本大震災の教訓を生かし、減災に必…
  3.  お正月を熱海で過ごす観光客で賑わう熱海駅前の平和通り商店街で1月1日、「樽酒ふるまい」のイベントが…
  4.  無投票か選挙か――。9月19日の告示日まで関係者をやきもきさせた箱根町議会の選挙戦は、定数14に対…
  5.  神奈川県西部1市3町の“山”と“森”と“里”を結んだ「あしがら雛めぐり」は、《瀬戸屋敷ひなまつり/…
  6.  小田原市観光協会(石田武会長)は、(一社)日本記念日協会が2月22日を《ニンニンニン》の語呂合わせ…

ページビュー

  • 91633総閲覧数:
  • 35今日の閲覧数:
  • 43昨日の閲覧数:
  • 1240月別閲覧数:
ページ上部へ戻る