【伊東市】伊東高、城ヶ崎分校、伊東商を1つに統合再編へ

 伊東市の県立伊東高校、同校城ケ崎分校、伊東商業の3校が2023年度をめどに統合し、発展的に改編されることが分かった。静岡県教育委員会が10年後の2028年度を見通して県立高の在り方を示す「魅力ある学校づくり推進計画」(第3次長期計画)案を策定する中で明らかになった。11月15日から12月5日まで県民意見を募集し、来年1月下旬をめどに正式決定する。

静岡県立伊東高校

 県教委は県立高全日制の適正規模を1学年6~8学級と設定。1学年4学級以下で推移する見込みの学校から新構想校の対象に選定した。3校の1学年の学級数は伊東高校4、城ヶ崎分校1、伊東商4。将来を見据え、新しい魅力を持たせるために改編する。
(熱海ネット新聞)

関連記事

注目の記事

  1.  全国に日帰り・宿泊温泉施設を展開する万葉倶楽部(本社・小田原市、高橋弘会長)は11月29日、同グル…
  2.  大井町相和地域7集落のひとつ高尾地区の有志で組織する「高尾棚田保存会」(藤澤憲吾代表、会員10人)…
  3.  お正月を熱海で過ごす観光客で賑わう熱海駅前の平和通り商店街で1月1日、「樽酒ふるまい」のイベントが…
  4.  “青く澄んだ空をこどもたちにバトンタッチしよう”を合言葉に、小田原市を全国屈指の“スマートシティ”…
  5.  熱海市は、耐震問題と利用者減少で2019年3月で市振興公社が管理する姫の沢公園の「自然の家」を撤廃…
  6.  熱海市議会2月定例会が2月22日開会し、齊藤栄市長が施政方針演説を行った。「熱海の次の10年、20…

ページビュー

  • 75438総閲覧数:
  • 1今日の閲覧数:
  • 48昨日の閲覧数:
  • 788月別閲覧数:
ページ上部へ戻る