【小田原市】「無料Wi-Fi」スポット増設し14カ所に/小田原観光に便利・快適さアップ!

 小田原市(加藤憲一市長)はこのほど、外国人をはじめ小田原を訪れる観光客らのニーズが高い無料Wi-Fi環境について、これまでの9カ所に加え、新たに5カ所の観光スポットを整備、合計14カ所とした。

小田原市の無料Wi-Fiスポットのステッカー

 スマートフォンやタブレット、パソコンなどのWi-Fi対応の端末で、今まで以上に手軽に観光施設の情報収集・発信ができるため、新たな小田原の発見と魅力アップに繋がると期待されている。
 利用するには、Wi-Fiの運営会社が異なるため、IDとパスワードの入力が必要。携帯電話のキャリアに関わらず、24時間無料で利用可能。利用場所は、ステッカーが目印。

無料Wi-Fi環境が整備された小田原文学館

 無料Wi-Fiスポットは次の通り(①~⑤が今回、新たに設置した場所)。
 ①小田原城址公園 藤棚観光案内所②石垣山一夜城公園駐車場③清閑亭④小田原文学館⑤松永記念館⑥小田原駅観光案内所⑦小田原城址公園 二の丸観光案内所⑧小田原城址公園 天守閣⑨小田原城址公園 常磐木門⑩小田原城址公園 歴史見聞館⑪小田原城址公園 本丸売店⑫小田原地下街ハルネ小田原⑬おだわら市民交流センターUMECO⑭小田原宿なりわい交流館
(伊豆さがみ情報ネット)

関連記事

注目の記事

  1.  開成町(府川裕一町長)のミニ冊子『かいせいびより』(B6変形判、オールカラー、46ページ)がこのほ…
  2.  小田原市は11月13日付けで、複数回にわたって飲食店で接客などの副業を行い、また、同病院の医療消耗…
  3.  弾道ミサイルが日本に落下または上空を通過する場合、「全国瞬時警報システム(Jアラート)」が発動され…
  4.  南足柄市の加藤修平市長が、小田原市との合併計画で市民の意向調査結果などをもとに「小田原市との合併は…
  5.  神奈川県内にある13の蔵元のうち、石井醸造(株)と井上酒造(株)の2つの酒蔵がある大井町ならではの…
  6.  熱海市の齊藤栄市長(54)は11月24日午前に開かれた11月市議会定例会の上程議案説明の最後で、2…

ページビュー

  • 104914総閲覧数:
  • 22今日の閲覧数:
  • 120昨日の閲覧数:
  • 1266月別閲覧数:
ページ上部へ戻る