【熱海市】15年かけ整備「さくらの名所散策路」 ヒマラヤザクラ見ごろ

 県立熱海高校の通学路を兼ねて新たな観光名所にしようと熱海市が15年かけて整備し、今年3月に完成した「さくらの名所散策路」(愛称・四季の道)で11月16日、ヒマラヤザクラが見頃を迎えた。多賀湾を背景に可憐な淡いピンクの花を無数に咲かせ、南熱海の観光関係者を喜ばせている。

 冬に花を付けるこの早咲きの桜は1968年に原産地ネパールのビレンドラ元国王(当時は皇太子)から桜の種を贈られ、市が丹精込めて日本一早咲きの桜に育てた。今年は例年より2週間ほど早いペースで咲き進み、原木のある熱海高校前の傾斜地、多賀中学校体育館脇、長浜海浜公園、月見ヶ丘公園でも見頃を迎えている。多賀、網代の南熱海地域では桜と紅葉が交錯、ともに楽しめる。

▼南熱海の主なヒマラヤザクラ:さくらの名所散策路(15本)、県立熱海高付近の傾斜地(1本=原木)、多賀中学校体育館脇(2本)、長浜海浜公園(29本)
(熱海ネット新聞・松本洋二)

関連記事

注目の記事

  1.  南足柄市(加藤修平市長)は9月24日午前9時30分から、同市関本の金太郎みらいホール(市文化会館)…
  2.  江戸川乱歩賞を受賞した「高層の死角」などの作品で知られ、熱海市にゆかりの深い作家森村誠一さん(84…
  3.  神奈川県西部1市3町の“山”と“森”と“里”を結んだ「あしがら雛めぐり」は、《雛の舘・森のひなまつ…
  4.  伊東商工会議所青年部(気鋭の会)主催による「仕事のコツ」セミナーがこのほど開催され、平日の仕事帰り…
  5.  「糸川桜まつり」開催中の熱海市の糸川遊歩道で2月4日、あたみ桜が満開になった。観光客が日本最速で桜…
  6.  熱海市の齊藤栄市長(54)は11月24日午前に開かれた11月市議会定例会の上程議案説明の最後で、2…

ページビュー

  • 109353総閲覧数:
  • 7今日の閲覧数:
  • 53昨日の閲覧数:
  • 960月別閲覧数:
ページ上部へ戻る