【熱海市】15年かけ整備「さくらの名所散策路」 ヒマラヤザクラ見ごろ

 県立熱海高校の通学路を兼ねて新たな観光名所にしようと熱海市が15年かけて整備し、今年3月に完成した「さくらの名所散策路」(愛称・四季の道)で11月16日、ヒマラヤザクラが見頃を迎えた。多賀湾を背景に可憐な淡いピンクの花を無数に咲かせ、南熱海の観光関係者を喜ばせている。

 冬に花を付けるこの早咲きの桜は1968年に原産地ネパールのビレンドラ元国王(当時は皇太子)から桜の種を贈られ、市が丹精込めて日本一早咲きの桜に育てた。今年は例年より2週間ほど早いペースで咲き進み、原木のある熱海高校前の傾斜地、多賀中学校体育館脇、長浜海浜公園、月見ヶ丘公園でも見頃を迎えている。多賀、網代の南熱海地域では桜と紅葉が交錯、ともに楽しめる。

▼南熱海の主なヒマラヤザクラ:さくらの名所散策路(15本)、県立熱海高付近の傾斜地(1本=原木)、多賀中学校体育館脇(2本)、長浜海浜公園(29本)
(熱海ネット新聞・松本洋二)

関連記事

注目の記事

  1.  小田原市は11月13日付けで、複数回にわたって飲食店で接客などの副業を行い、また、同病院の医療消耗…
  2.  山北町議会(府川輝夫議長)の12月定例会は5日から、8日までの会期4日間の日程で開かれる。  上…
  3.  観光を基幹産業とする熱海市は、昨年10月から「自伐型林業」の講習会を開き、林業を軸にした若者の雇用…
  4.  城下町小田原のシンボル・小田原城の一年のホコリやチリを払い落とす師走の風物詩「小田原城天守閣 すす…
  5.  熱海市議会11月定例会の議会運営委員会が12月1日、市役所で開かれ、議会側が齊藤栄市長の議会軽視の…
  6.  弾道ミサイルが日本に落下または上空を通過する場合、「全国瞬時警報システム(Jアラート)」が発動され…

ページビュー

  • 80246総閲覧数:
  • 20今日の閲覧数:
  • 90昨日の閲覧数:
  • 1594月別閲覧数:
ページ上部へ戻る