【熱海市】15年かけ整備「さくらの名所散策路」 ヒマラヤザクラ見ごろ

 県立熱海高校の通学路を兼ねて新たな観光名所にしようと熱海市が15年かけて整備し、今年3月に完成した「さくらの名所散策路」(愛称・四季の道)で11月16日、ヒマラヤザクラが見頃を迎えた。多賀湾を背景に可憐な淡いピンクの花を無数に咲かせ、南熱海の観光関係者を喜ばせている。

 冬に花を付けるこの早咲きの桜は1968年に原産地ネパールのビレンドラ元国王(当時は皇太子)から桜の種を贈られ、市が丹精込めて日本一早咲きの桜に育てた。今年は例年より2週間ほど早いペースで咲き進み、原木のある熱海高校前の傾斜地、多賀中学校体育館脇、長浜海浜公園、月見ヶ丘公園でも見頃を迎えている。多賀、網代の南熱海地域では桜と紅葉が交錯、ともに楽しめる。

▼南熱海の主なヒマラヤザクラ:さくらの名所散策路(15本)、県立熱海高付近の傾斜地(1本=原木)、多賀中学校体育館脇(2本)、長浜海浜公園(29本)
(熱海ネット新聞・松本洋二)

関連記事

注目の記事

  1.  小田原市城山の小田原短期大学(おだたん、小沼肇学長)食物栄養学科は、3月3日に実施する「第20回お…
  2.  企業と自治体が連携して社会課題の解決に取り組む「包括連携協定」を積極的に進める松田町(本山博幸町長…
  3.  城下町・小田原の新春の歳時記「第72回小田原元旦初泳ぎ」が1日、小田原市本町の御幸の浜海岸で行われ…
  4.  ポイ捨てや不法投棄の無い美しい箱根にしよう! を合言葉にした「ゴミ不法投棄防止一斉パトロール&美化…
  5.  山北町(湯川裕司町長)は来年1月13日から、3回シリーズで町の歴史や文化財など山北の魅力を再発見す…
  6.  「平成30年第1回定例会」を開会中の南足柄市議会(内田克己議長)の代表質問は、3月7日に3会派、8…

ページビュー

  • 72493総閲覧数:
  • 65今日の閲覧数:
  • 52昨日の閲覧数:
  • 1410月別閲覧数:
ページ上部へ戻る