【湯河原町】平松礼二アトリエ完成記念特別展「琳派モダンⅡ-屏風絵展」|町立湯河原美術館で

 湯河原町の町立湯河原美術館(池谷若菜館長)では、今年10月に日本画家・平松礼二画伯のアトリエが館内に完成したのを記念した特別展「琳派モダンⅡ-屏風絵展」を開いている。12月18日まで。午前9時~午後4時30分(入館は午後4時まで)。水曜日は休館。

ゴッホが写した江戸の梅(2曲1隻屏風)

信濃川慕情(6曲1双屏風)

 同展は、平松画伯が、桃山時代の俵屋宗達に始まり、江戸時代の尾形光琳、酒井抱一などが師弟制度によらず、日本人の自然観や美意識を斬新な装飾技法で表現する琳派の技法に、現代的な感覚を加えて装飾性の高い華麗な作品に仕上げ、現代の琳派の旗手としての魅力を探る展示となっている。

平松礼二画伯のアトリエ(湯河原美術館)

 会場には、雄大な信濃川の光景を描いた6曲1双の屏風に仕立てた「信濃川慕情」(6曲1双屏風)をはじめ、尾形光琳の紅白梅図屏風を想わせる「早春図」(4曲1隻屏風)、花開く華やかな日本の春をイメージした「花山」(4曲1隻屏風)、青海波など日本の伝統文様を連想させる「梅王図」(4曲1隻屏風)など18点の屏風絵を展示、華やかな“平松礼二の世界”を演出している。
 また、印象派を代表する画家・クロード・モネが晩年を過ごしたパリ郊外のジベルニー村のアトリエを四季折々に訪ね、モネが絵の題材にした日本風庭園の池に咲く睡蓮をモチーフに筆を執った「ジヴェルニーモネの池・静寂」や「印象・モネの池-秋の巻」などの作品もある。
 今回、完成したアトリエは、絵筆や岩絵の具、制作中の作品などが並び、イベントの無い時にのみ公開され、アトリエの様子や制作途中の作品を見ることができる。また、学芸員による作品解説とアトリエの案内は11月26日と12月17日に行われる。
 湯河原美術館のHPは、http://www.town.yugawara.kanagawa.jp/kyoiku/museum/
(伊豆さがみ情報ネット)

関連記事

注目の記事

  1.  熱海市の「ミス熱海梅の女王」(熱海市観光協会主催)の発表と任命式が12月10日、起雲閣であり、増田…
  2.  伊豆高原のCafé Beにて「地域内交通を考える」という勉強会が2月16日に開かれ、この分野の権威…
  3.  天皇陛下の誕生日(12月23日)に献上する紅梅の八重寒紅(やえかんこう)と白梅の冬至梅(とうじばい…
  4.  熱海市議会2月定例会が2月22日開会し、齊藤栄市長が施政方針演説を行った。「熱海の次の10年、20…
  5.  現職と新人の一騎打ちとなった松田町長選挙は9月10日に投開票され、2期目を目指す本山博幸氏(47、…
  6.  山北町(湯川裕司町長)は20日午前、平成22年度に策定した〈東山北1000まちづくり〉基本計画の重…

ページビュー

  • 80080総閲覧数:
  • 4今日の閲覧数:
  • 104昨日の閲覧数:
  • 1428月別閲覧数:
ページ上部へ戻る