【小田原市】我がまち・小田原の観光カレンダー販売!/小田原市観光協会

 小田原市観光協会(石田武会長)は12月15日から、海と山に囲まれた城下町・小田原の観光行事や美しい風景など“小田原の旬”を綴った「2018年版小田原観光カレンダー」を販売する。12月20日まで。

 カレンダーは、〈小田原の四季観光写真コンクール〉の入賞作品から、冠雪の富士を望む曽我梅林や根府川のおかめ桜、人気上昇中の小田原城などを6枚綴りにしたもの。サイズは、364×515ミリ(表紙含む7枚綴り)。カレンダーの下部には、社名を入れることもできる。社名刷り込みスペース(予定)は、364×40ミリ。価格は1部800円。
 絵柄は、▽1・2月=紅白梅に映える富士(曽我谷津)▽3・4月=春の山里(根府川:きのこ苑、お山のたいしょう)▽5・6月=咲き誇り(小田原フラワーガーデン)▽7・8月=夕涼(お堀端)▽9・10月=夜の小田原城▽11・12月=荘に秋のおとずれ(松永記念館)
 申し込みは、氏名・郵便番号・住所・電話番号・FAX番号・部数をメール:inf@odawara-kankou.com か FAX:0465-22-5027、電話:0465-22-5002で(一社)小田原市観光協会(土・日・祝日を除く、午前9時~午後5時)へ。
(伊豆さがみ情報ネット)

関連記事

注目の記事

  1.  伊東商工会議所青年部(気鋭の会)主催による「仕事のコツ」セミナーがこのほど開催され、平日の仕事帰り…
  2.  のどかなみやまの里に清々しい甘い香りを運ぶ早春の花・蝋梅(ろうばい)を愛でる「第7回松田町寄(やど…
  3.  江戸時代中期から相模地方に伝わる相模人形芝居の五座が一堂に揃い、日ごろの鍛錬の成果を披露する「第4…
  4.  第48回衆議院選挙が10月10日公示された。静岡6区では予想されていた3氏が立候補届出を済ませ、1…
  5.  熱海市は12月4日、東京・千代田区の日本記者クラブで会見を開き、「第1回熱海国際映画祭」の概要を発…
  6.  小田原市観光協会(石田武会長)は12月15日から、海と山に囲まれた城下町・小田原の観光行事や美しい…

ページビュー

  • 89644総閲覧数:
  • 35今日の閲覧数:
  • 67昨日の閲覧数:
  • 1766月別閲覧数:
ページ上部へ戻る