【小田原市】松永記念館で「庭園呈茶」/深まる秋に茶を楽しむ

 小田原市板橋の「松永記念館」で11月23日、12月3日、12月9日の三日間、抹茶を楽しむ「庭園呈茶」が行われる。
 松永記念館は、戦前・戦後と通じて「電力王」と呼ばれた実業家で、数寄茶人としても知られた松永安左ヱ門(耳庵)が、昭和21年に小田原へ居住してから収集した古美術品を一般公開するために、同34年に財団法人を創立して自宅の敷地内に建設した施設。昭和54年に財団が解散し、その敷地と建物が小田原市に寄付された。庭園は平成19年2月、「日本の歴史公園100選」に選ばれ、四季を通じ様々な花を観賞できる。

 この「庭園呈茶」では、特別な作法などは問わない。市では初めての人でも気軽に参加してほしい、と呼びかけている。
【11月23日
 ▼時間:午前10時~午後3時(ただし茶菓がなくなり次第終了)▼参加費:500円(茶菓子つき)▼呈茶:小田原茶道連盟・裏千家▼場所:松永記念館「烏薬亭」
【12月3日、9日
 ▼時間:午前10時~午後3時(ただし茶菓がなくなり次第終了)▼参加費:300円(茶菓子つき)▼呈茶:風韻の会▼場所:松永記念館「葉雨庵」
 問い合わせは、松永記念館 0465-22-3635
(伊豆さがみ情報ネット)

関連記事

注目の記事

  1.  南足柄市(加藤修平市長)は9月3日、マグニチュード6.7、震度6弱とする神奈川県西部地震を想定した…
  2.  熱海市立図書館に熱海市にゆかりの深い作家で江戸川乱歩賞を受賞した「高層の死角」などの作品で知られる…
  3.  12月10日午前9時45分ごろ、熱海市小嵐町の県営住宅上小嵐団地付近で住宅火災があり、2時間10分…
  4.  任期満了に伴う松田町町長選挙は5日告示され、2期目を目指す現職の本山博幸氏(47、無所属、松田惣領…
  5.  戦国時代、親子・兄弟・一門が争うことなく国力を高め、5代100年にわたって関東一円を治めた小田原北…
  6.  新しい風が吹き、現職2人が涙を呑んだ真鶴町議会は10月6日、町議選後初の臨時会を開き、正・副議長は…

ページビュー

  • 122379総閲覧数:
  • 10今日の閲覧数:
  • 36昨日の閲覧数:
  • 821月別閲覧数:
ページ上部へ戻る