【熱海市】伊豆山神社宮司に原嘉孝氏(県神社庁副庁長)、 新嘗祭で祝詞奏上

 熱海市の伊豆山神社で11月23日、新穀感謝祭・新嘗祭(にいなめさい)が斎行された。伊豆山地区でこの秋に収穫された農産物などを神前に供えて原嘉孝宮司(黒の装束)が祝詞を奏上。大舘節生総代会長や氏子、JA関係者が玉串を捧げ、秋の恵みに感謝した。毎年好評の奉納農産物の品評会・即売会もあり、多くの参拝者でにぎわった。新嘗祭の歴史は古く、天皇が新穀を神に捧げるとともに、自ら食して1年の収獲に感謝し、来年の豊穣を願う。宮中で行われる祭典のなかでも、最も重要な祭典とされる。

伊豆山神社の新嘗祭で祭祀を司る原嘉孝宮司(黒い装束)

 同祭に合わせて「熱海地区農業祭」(JAあいら伊豆主催)も開かれ、境内で地元でとれたダイコン、カブ、キャベツ、ニンジン、キウイ、ミカン、ユズ、鬼ユズなどが販売され、多くの市民や参拝者が格安の値段で買い求めた。
【新宮司に原嘉孝氏】伊豆山神社の原口尚文前宮司が今年8月に急逝したのに伴い、静岡県神社庁副庁長で伊古奈比咩命神社(いこなひめのみことじんじゃ=下田・白浜神社)宮司の原嘉孝氏が当面兼務することが決まった。前宮司の長男、靖巨(やすなお)氏は引き続き権禰宜(ねぎ)を務める。
(熱海ネット新聞

関連記事

注目の記事

  1.  総務省は12月26日、今年4月1日現在の地方公務員(一般行政職)の給与実態調査の結果を公表した。国…
  2.  伊東市は今年、シャイニークリスマス2017と称して、藤の広場に6メートルのモミの木のイルミネーショ…
  3.  小田原の早春の歳時記「小田原梅まつり」(2月3日~3月4日)を前に、梅の剪定作業が6日、早咲きの寒…
  4.  県立熱海高校の通学路を兼ねて新たな観光名所にしようと熱海市が15年かけて整備し、今年3月に完成した…
  5.  江戸川乱歩賞を受賞した「高層の死角」などの作品で知られ、熱海市にゆかりの深い作家森村誠一さん(84…
  6.  生け花の小原流小田原支部の田代春紅支部長はじめ副部長の平井光華さんと相原春紘さんがこのほど、小田原…

ページビュー

  • 72391総閲覧数:
  • 15今日の閲覧数:
  • 71昨日の閲覧数:
  • 1308月別閲覧数:
ページ上部へ戻る