【熱海市】齊藤栄市長が早々と出馬表明、4選目指す。来年9月の市長選

 熱海市の齊藤栄市長(54)は11月24日午前に開かれた11月市議会定例会の上程議案説明の最後で、2018年9月に実施される市長選で4選を目指して出馬する考えを表明した。「私の市長としての任期は11月定例会を持って残り1年を切る。公営企業会計の不良債権がようやく全額解消となり、熱海市の宿泊者数がV字回復を遂げたと言われるが、さらなる地域経済の活性化や高齢者、障害者、子どもたちに対する福祉の充実など、取り組むべき課題はいぜんとして山積している」と力説した。

4選出馬の意向を表明した熱海市の齊藤栄市長

 「回復から躍進へ新生熱海の次のステージに向かうため、今後も粉骨砕身し、全身全霊力を尽くしていきたい。そのため引き続き、市長の職を続けたいと考えている」と述べ、4選へ出馬する意思を表明した。
 次期市長選に出馬を表明したのは齊藤氏が初めて。2006年の市長選で初当選し、14年に3選を果たした。前回の市長選での出馬表明は選挙年の6月定例会で今回は半年以上早い。任期満了は2018年9月13日。
(熱海ネット新聞)

関連記事

注目の記事

  1.  山北町議会(府川輝夫議長)の12月定例会は5日から、8日までの会期4日間の日程で開かれる。  上…
  2.  齊藤栄市長と熱海女性連絡会(滝野慶子会長)の「市長と語る会」が11月9日、市役所第3庁舎会議室であ…
  3.  日本競輪選手会神奈川支部の吉田晴行支部長と小田原競輪場開催執務委員長の隅田俊幸市公営事業部長らはこ…
  4.  全国43地域のジオパーク関係者が集い、活動事例・課題に対する取り組みなどの情報共有やネットワークの…
  5. 小田原市(加藤憲一市長)は10月16日から、南足柄市との合併の是非を判断するのに当たり、市民の意向を…
  6.  大滑車に取り付けた長さ9メートルの大数珠を床に投げつけながら廻す、全国でも珍しい行法「世附(よづく…

ページビュー

  • 115077総閲覧数:
  • 2今日の閲覧数:
  • 60昨日の閲覧数:
  • 1502月別閲覧数:
ページ上部へ戻る