【熱海市】齊藤栄市長が早々と出馬表明、4選目指す。来年9月の市長選

 熱海市の齊藤栄市長(54)は11月24日午前に開かれた11月市議会定例会の上程議案説明の最後で、2018年9月に実施される市長選で4選を目指して出馬する考えを表明した。「私の市長としての任期は11月定例会を持って残り1年を切る。公営企業会計の不良債権がようやく全額解消となり、熱海市の宿泊者数がV字回復を遂げたと言われるが、さらなる地域経済の活性化や高齢者、障害者、子どもたちに対する福祉の充実など、取り組むべき課題はいぜんとして山積している」と力説した。

4選出馬の意向を表明した熱海市の齊藤栄市長

 「回復から躍進へ新生熱海の次のステージに向かうため、今後も粉骨砕身し、全身全霊力を尽くしていきたい。そのため引き続き、市長の職を続けたいと考えている」と述べ、4選へ出馬する意思を表明した。
 次期市長選に出馬を表明したのは齊藤氏が初めて。2006年の市長選で初当選し、14年に3選を果たした。前回の市長選での出馬表明は選挙年の6月定例会で今回は半年以上早い。任期満了は2018年9月13日。
(熱海ネット新聞)

関連記事

注目の記事

  1.  箱根町観光協会(勝俣伸理事長)は、平成30年2月3日と10日に開催する「芸妓と歩く箱根旅物語~歴史…
  2.  --延暦19(800)年、貞観6(864)年、宝永4(1707)年など古代から幾度となく噴火を繰り…
  3.  中井町(杉山祐一町長)は2月14日、一般会計と4特別会計(国民健康保険、介護保険、後期高齢者医療事…
  4.  生け花の小原流小田原支部の田代春紅支部長はじめ副部長の平井光華さんと相原春紘さんがこのほど、小田原…
  5.  熱海市役所第3庁舎で10月18日、市制80周年記念「熱海ブランドフェア」(熱海商工会議所主催)が開…
  6.  現職10人と新人3人が11の椅子を争った真鶴町議選は9月24日、投開票された。選挙戦は、“泡沫候補…

ページビュー

  • 77994総閲覧数:
  • 33今日の閲覧数:
  • 55昨日の閲覧数:
  • 1468月別閲覧数:
ページ上部へ戻る