【熱海市】齊藤栄市長が早々と出馬表明、4選目指す。来年9月の市長選

 熱海市の齊藤栄市長(54)は11月24日午前に開かれた11月市議会定例会の上程議案説明の最後で、2018年9月に実施される市長選で4選を目指して出馬する考えを表明した。「私の市長としての任期は11月定例会を持って残り1年を切る。公営企業会計の不良債権がようやく全額解消となり、熱海市の宿泊者数がV字回復を遂げたと言われるが、さらなる地域経済の活性化や高齢者、障害者、子どもたちに対する福祉の充実など、取り組むべき課題はいぜんとして山積している」と力説した。

4選出馬の意向を表明した熱海市の齊藤栄市長

 「回復から躍進へ新生熱海の次のステージに向かうため、今後も粉骨砕身し、全身全霊力を尽くしていきたい。そのため引き続き、市長の職を続けたいと考えている」と述べ、4選へ出馬する意思を表明した。
 次期市長選に出馬を表明したのは齊藤氏が初めて。2006年の市長選で初当選し、14年に3選を果たした。前回の市長選での出馬表明は選挙年の6月定例会で今回は半年以上早い。任期満了は2018年9月13日。
(熱海ネット新聞)

関連記事

注目の記事

  1.  中井町(杉山祐一町長)は9日午前10時から同町井ノ口の井ノ口公民館で開く、男女共同参画推進講演会「…
  2.  親から子へと伝えられた内裏雛や哀しい時・嬉しい時・楽しい時を共に過ごし、数々の思い出が詰まった人形…
  3.  のどかなみやまの里に清々しい甘い香りを運ぶ早春の花・蝋梅(ろうばい)を愛でる「第7回松田町寄(やど…
  4.  小田原市は11月13日付けで、複数回にわたって飲食店で接客などの副業を行い、また、同病院の医療消耗…
  5.  熱海市下多賀の小山毘沙門堂で3日早朝、普段は見られない「毘沙門天王像」がご開帳された。鎌倉時代を代…
  6. 小田原市(加藤憲一市長)は10月16日から、南足柄市との合併の是非を判断するのに当たり、市民の意向を…

ページビュー

  • 89647総閲覧数:
  • 38今日の閲覧数:
  • 67昨日の閲覧数:
  • 1769月別閲覧数:
ページ上部へ戻る