【熱海市】熱海交通自動車が破産申請/熱海の老舗タクシー会社

 熱海市渚町の熱海交通自動車が11月27日をもって事業を停止した。静岡地裁沼津支部に自己破産手続きの申し立てを行い、選任された破産管財人弁護士が同社のすべての財産を管理、破産手続きを進める。同社は昭和15年設立で熱海市で最も歴史の古いタクシー会社。保有台数(中型20台、小型9台)。従業員は約70人。営業所は本社(渚町)、熱海駅前、網代駅前。
(熱海ネット新聞


関連記事

注目の記事

  1.  次代を担う中学生が、地方自治体の議会で夢や希望を提言し、市民としての自覚を持ち、まちづくりに関心を…
  2.  熱海市選挙管理委員会は(吉田耕之助委員長)は3月1日、任期満了(9月13日)に伴う市長選と市議補選…
  3.  松田町の本山博幸町長は10月5日、再選後初の臨時議会で2期目へ決意も新たに所信を述べた。  本…
  4.  小田原市(加藤憲一市長)と小田原市観光協会(石田武会長)は、市民が選ぶオススメの観光スポット「推し…
  5.  中井・なかい・なかいい・仲いい……にかけて、11月22日の《いい夫婦の日》を前にした19日午後1時…
  6.  大井町立大井小学校の石綿一弘校長はじめ6年3組の関野祥一教諭と児童33人が2月21日午前、大井町役…

ページビュー

  • 75438総閲覧数:
  • 1今日の閲覧数:
  • 48昨日の閲覧数:
  • 788月別閲覧数:
ページ上部へ戻る