【熱海市】熱海交通自動車が破産申請/熱海の老舗タクシー会社

 熱海市渚町の熱海交通自動車が11月27日をもって事業を停止した。静岡地裁沼津支部に自己破産手続きの申し立てを行い、選任された破産管財人弁護士が同社のすべての財産を管理、破産手続きを進める。同社は昭和15年設立で熱海市で最も歴史の古いタクシー会社。保有台数(中型20台、小型9台)。従業員は約70人。営業所は本社(渚町)、熱海駅前、網代駅前。
(熱海ネット新聞


関連記事

注目の記事

  1.  松田町の「寄(やどりき)ロウバイまつり」は2月6日、例年より1週間ほど遅れて、満開となった。  …
  2.  山北町(湯川裕司町長)は来年1月13日から、3回シリーズで町の歴史や文化財など山北の魅力を再発見す…
  3.  開成町(府川裕一町長)は22日、一般会計、5特別会計(国民健康保険、下水道、介護保険、給食、後期高…
  4.  小田原市観光協会(石田武会長)は10月15日の「一夜城まつり」開催にあわせ、豊臣秀吉の小田原攻めの…
  5.  小田原市(加藤憲一市長)は「第64回文化財防火デー」の26日午前9時30分から、同市板橋の松永記念…
  6.  --延暦19(800)年、貞観6(864)年、宝永4(1707)年など古代から幾度となく噴火を繰り…

ページビュー

  • 91635総閲覧数:
  • 37今日の閲覧数:
  • 43昨日の閲覧数:
  • 1242月別閲覧数:
ページ上部へ戻る