【熱海市・お悔やみ】二見康一さん(67)|老舗干物「釜鶴」社長

二見康一さん(ふたみ・こういち):
11月26日逝去、67歳。熱海市銀座町。老舗干物店「釜鶴」社長。

通夜28日午後6時。告別式29日午前10時30分、興禅寺。喪主は妻・裕子(ひろこ)さん。施主は次男・光宇馬(こうま)さん、三男・一輝瑠(ひかる)さん。
(熱海ネット新聞)

関連記事

注目の記事

  1.  無投票か選挙か――。9月19日の告示日まで関係者をやきもきさせた箱根町議会の選挙戦は、定数14に対…
  2.  熱海市は、市制80周年事業の一環として「マンホール蓋(ふた)」を活用した観光振興に乗り出した。「梅…
  3.  小田急電鉄(星野晃司社長、本社:東京都新宿区)は10月16日、箱根町(山口昇士町長)に箱根の天然水…
  4. 大井町(間宮恒行町長)は2月14日、一般会計と4特別会計(国民健康保険、後期高齢者医療、下水道、介護…
  5.  熱海市の猟師らでつくる「熱海ワナの会」の有志7人が10月22日、熱海市泉に野生動物解体処理施設「山…
  6.  戦国時代、親子・兄弟・一門が争うことなく国力を高め、5代100年にわたって関東一円を治めた小田原北…

ページビュー

  • 70452総閲覧数:
  • 43今日の閲覧数:
  • 60昨日の閲覧数:
  • 1246月別閲覧数:
ページ上部へ戻る