【小田原市】小田原城総構の石積み遺構など/12月2日に「小田原城総構早川口二重外張」発掘調査の見学会

 戦国時代、5代100年にわたり関東を治めた小田原北条氏は、天正18(1590)年の豊臣秀吉との合戦に備え、小田原城とその城下を囲う大規模な空堀と土塁による周囲約9kmにも及ぶ総構を築いた。現在、堀底を整備し散策できる「小峯御鐘ノ台大堀切東堀」や「早川口遺構」「蓮上院土塁」など総構の名残を示す堀や土塁の痕跡が残っている-。

江戸時代以前の石積み遺構

発掘された土塁

 小田原市では12月2日午前9時30分から、同市南町の小田原城早川口遺構史跡公園で「史跡小田原城跡総構早川口二重外張(しせきおだわらじょうあとそうがまえはやかわぐちふたえとばり)」の発掘調査で発見された遺構の「見学会」を開く。普段は地面の下に埋もれている江戸時代以前の石積み遺構など小田原城跡総構の姿を見ることができる。正午まで。自由見学。小雨決行。
 同市文化財課職員による説明は、午前10時と同11時から(1回30分程度)。同史跡公園へは、①箱根板橋駅から徒歩約15分②早川口バス停から徒歩約10分。
 問い合わせは、小田原市文化財課0465-33-1715
(伊豆さがみ情報ネット)

関連記事

注目の記事

  1.  1月10日は、「いとうの日」。伊東市内では、110をキーワードに多くのイベントや特典が予定されてい…
  2.  小田原市本町に計画されている「市民ホール」の設計・施工者を決める公募型プロポーザルの二次審査が12…
  3.  4月18日に伊東で「古事記」の勉強会が開催される。日本最古の歴史書、古事記について、また、先人たち…
  4.  神奈川県西部1市3町の“山”と“森”と“里”を結んだ「あしがら雛めぐり」は、《まつだ桜まつり・雛の…
  5.  日本の粋を学ぶ「伊東温泉お座敷文化大学」(主催:伊東市・伊東観光協会)の秋期講座が9月15日(金)…
  6.  本格的な冬将軍の到来を前に、小田原厚木道路と西湘バイパスを管轄する中日本高速道路(株)東京支社小田…

ページビュー

  • 72330総閲覧数:
  • 25今日の閲覧数:
  • 44昨日の閲覧数:
  • 1247月別閲覧数:
ページ上部へ戻る