【箱根町】「自動心肺蘇生器」積載の高規格救急車1台を更新/消防署湯本分署に配備

 箱根町消防本部(齋藤利久消防長)は、消防署湯本分署に配備している高規格救急自動車を更新し、11月30日から運用を開始した。
 新車両には、心肺機能が停止した人に胸骨圧迫と人工呼吸が自動的にでき、救急の現場にも持ち込める自動心肺蘇生器、カーブの多い土地柄に配慮し、揺れを吸収できる防振ストレッチャーなど応急や救急救命処置のための最新資器材を装備。箱根の玄関口・箱根湯本地域の安全・安心を守るため現場の最前線で質の高い救急サービスが可能となった。

消防署湯本分署に配備された高規格救急自動車

防振ストレッチャーなど最新資機材が装備された車内

運用を翌日に控えた29日には、山口昇士町長や勝俣浩行副町長らが見守る中、車両や最新資機材の検収が行われた。
新車両は全長565cm、全幅189cm、高さ249cm、総重量3245kg、定員7人、総排気量2693cc(ガソリン)。費用は約3300万円。
(伊豆さがみ情報ネット)

関連記事

注目の記事

  1.  神奈川県内にある13の蔵元のうち、石井醸造(株)と井上酒造(株)の2つの酒蔵がある大井町ならではの…
  2.    〈関東の富士見百景〉に選ばれている松田町・西平畑公園の早咲き桜が満開となり、足柄平野の夜…
  3.  五十嵐匠監督・合田雅吏さん主演の二宮尊徳(金次郎)の生涯を描く映画「地上の星-二宮金次郎伝」の撮影…
  4.  小田原市観光協会(石田武会長)は11月15日、城下町・小田原の秋の風物詩として親しまれている「第6…
  5.  環境省は9月28日、富士山(標高3776m)の開山日(山梨県側1ルート:7月1日、静岡県側3ルート…
  6.  熱海市咲見町の山田屋水産(福島瞳社長)が製造販売する熱海ブランド商品「しいたけ坊ちゃん丸」が全国的…

ページビュー

  • 110234総閲覧数:
  • 90今日の閲覧数:
  • 39昨日の閲覧数:
  • 479月別閲覧数:
ページ上部へ戻る