【箱根町】「自動心肺蘇生器」積載の高規格救急車1台を更新/消防署湯本分署に配備

 箱根町消防本部(齋藤利久消防長)は、消防署湯本分署に配備している高規格救急自動車を更新し、11月30日から運用を開始した。
 新車両には、心肺機能が停止した人に胸骨圧迫と人工呼吸が自動的にでき、救急の現場にも持ち込める自動心肺蘇生器、カーブの多い土地柄に配慮し、揺れを吸収できる防振ストレッチャーなど応急や救急救命処置のための最新資器材を装備。箱根の玄関口・箱根湯本地域の安全・安心を守るため現場の最前線で質の高い救急サービスが可能となった。

消防署湯本分署に配備された高規格救急自動車

防振ストレッチャーなど最新資機材が装備された車内

運用を翌日に控えた29日には、山口昇士町長や勝俣浩行副町長らが見守る中、車両や最新資機材の検収が行われた。
新車両は全長565cm、全幅189cm、高さ249cm、総重量3245kg、定員7人、総排気量2693cc(ガソリン)。費用は約3300万円。
(伊豆さがみ情報ネット)

関連記事

注目の記事

  1.  NEXCO中日本(東京支社小田原保全サービスセンター、小田原市、吉田陽子所長)は、2018年元旦の…
  2.  市民ホール整備事業に伴う設計施工事業者の選定で、小田原市は9月19日、プロポーザルの一次審査結果を…
  3.  バラ色の人生でした。我が人生に悔いはありません。-平成29年4月26日、84年の人生を全うしたアオ…
  4.  県立熱海高校の通学路を兼ねて新たな観光名所にしようと熱海市が15年かけて整備し、今年3月に完成した…
  5.  里都(さと)まち♥なかいの魅力をギッシリ!詰め込んだ、中井町のビッグイベント「美・緑(みりょく)な…
  6.  明治の文豪「坪内逍遙」の熱海の住居「双柿舎(そうししゃ)」で2月最初の日曜日となった2月4日、あた…

ページビュー

  • 73789総閲覧数:
  • 16今日の閲覧数:
  • 32昨日の閲覧数:
  • 695月別閲覧数:
ページ上部へ戻る