【箱根町】「自動心肺蘇生器」積載の高規格救急車1台を更新/消防署湯本分署に配備

 箱根町消防本部(齋藤利久消防長)は、消防署湯本分署に配備している高規格救急自動車を更新し、11月30日から運用を開始した。
 新車両には、心肺機能が停止した人に胸骨圧迫と人工呼吸が自動的にでき、救急の現場にも持ち込める自動心肺蘇生器、カーブの多い土地柄に配慮し、揺れを吸収できる防振ストレッチャーなど応急や救急救命処置のための最新資器材を装備。箱根の玄関口・箱根湯本地域の安全・安心を守るため現場の最前線で質の高い救急サービスが可能となった。

消防署湯本分署に配備された高規格救急自動車

防振ストレッチャーなど最新資機材が装備された車内

運用を翌日に控えた29日には、山口昇士町長や勝俣浩行副町長らが見守る中、車両や最新資機材の検収が行われた。
新車両は全長565cm、全幅189cm、高さ249cm、総重量3245kg、定員7人、総排気量2693cc(ガソリン)。費用は約3300万円。
(伊豆さがみ情報ネット)

関連記事

注目の記事

  1.  弾道ミサイルが日本に落下または上空を通過する場合、「全国瞬時警報システム(Jアラート)」が発動され…
  2.  城下町小田原のシンボル・小田原城の一年のホコリやチリを払い落とす師走の風物詩「小田原城天守閣 すす…
  3. 小田原市(加藤憲一市長)は10月16日から、南足柄市との合併の是非を判断するのに当たり、市民の意向を…
  4.  無投票モードから一転、投票モードとなった箱根町議選は9月24日、投開票された。現職13人と新人3人…
  5.  日本酒の造り酒屋が、スギの葉(穂先)を集めてボール状にしたものを軒先に吊し、新酒が出来たことを知ら…
  6.  全国に日帰り・宿泊温泉施設を展開する万葉倶楽部(本社・小田原市、高橋弘会長)は11月29日、同グル…

ページビュー

  • 101121総閲覧数:
  • 5今日の閲覧数:
  • 111昨日の閲覧数:
  • 945月別閲覧数:
ページ上部へ戻る