【熱海市】熱海交通自動車の破産開始が決定、負債総額は2億5千万円

 静岡地裁沼津支部は、熱海市渚町の熱海交通自動車から出されていた自己破産申請を受理し、11月30日までに破産開始を決定した。民間調査会社東京商工リサーチ(TSR)によると負債総額は2億5千万とみられる。同車はタクシー事業のほか自動車修理工場も手掛けていた。

 同社は昭和15年設立で熱海市で最も歴史の古いタクシー会社。営業所を本社(渚町)、熱海駅前、網代駅前に設けていたが、11月27日からすべて運行を取りやめている。このうち、タクシー台数の少ない網代駅では年末年始にかけて混乱が予想されることから、南熱海網代温泉旅館協同組合と網代温泉観光協会は、伊豆第一交通に増車を要請した。
(熱海ネット新聞)

関連記事

注目の記事

  1.  第153回芥川賞を受賞した又吉直樹さんの小説「火花」を映画化した「火花」」(板尾創路監督)が11月…
  2.  市民ホール整備事業に伴う設計施工事業者の選定で、小田原市は9月19日、プロポーザルの一次審査結果を…
  3.  熱海梅園で1月6日、第74回「梅まつり」が始まり、ひと足早い春を求める観光客でにぎわった。オープニ…
  4.  小田急電鉄(星野晃司社長、本社・東京都新宿区)は2018年3月のダイヤ改正にあわせ、JR東海御殿場…
  5.  下にぃ~ 下にぃ~ 江戸時代の参勤交代を偲ばせる「箱根大名行列」が〈文化の日〉の3日、箱根旧街道や…
  6.  小田原、箱根、真鶴、湯河原、南足柄の2市3町で構成される箱根ジオパーク推進協議会(会長・山口昇士箱…

ページビュー

  • 75866総閲覧数:
  • 7今日の閲覧数:
  • 54昨日の閲覧数:
  • 1216月別閲覧数:
ページ上部へ戻る