【熱海市】熱海図書館に「森村誠一文庫」オープン/森村氏の著書808冊

 江戸川乱歩賞を受賞した「高層の死角」などの作品で知られ、熱海市にゆかりの深い作家森村誠一さん(84)の著書を集めた「森村文庫」が12月2日、熱海市立図書館に開設された。オープニングセレモニーでは、齊藤栄市長と図書館の魅力づくりに取り組む熱海中学校と多賀中学校の美術部代表が除幕式を行った。

 文庫は、森村氏の熱海市内の別荘にあった自著本808冊を収めた。今年5月、森村氏から熱海市市制80周年に合わせて自著本寄贈の申し出があり、1469冊を熱海図書館に移動。複数の出版社から同一作品があったことから、選別して貸し出すことにした。

 市は同文庫のオープンに合わせ、図書館フェアを開催。この日は親子でちょっと英会話、あたみ図書館くらぶ、熱海警察署交通イベントや軽飲食の販売があり、多世代の来館者でにぎわった。熱海温泉の資料や尾崎紅葉の「金色夜叉」のコーナーも設けられ、熱海らしさを演出している。
(熱海ネット新聞)

関連記事

注目の記事

  1.  日本舞踊やカラオケ教室などを主宰する「鈴乃会」の鈴木二三子会長は9月29日、小田原市役所に時田光章…
  2.  開成町(府川裕一町長)は22日、一般会計、5特別会計(国民健康保険、下水道、介護保険、給食、後期高…
  3.  大井町(間宮恒行町長)は11月12日午前9時30分から、《ひとと自然が築く美しいまち“おおい”の未…
  4.  次代を担う中学生が、地方自治体の議会で夢や希望を提言し、市民としての自覚を持ち、まちづくりに関心を…
  5.  江戸時代の農政家・二宮尊徳(金次郎)の事績を顕彰し、偉業を学べる小田原市栢山の尊徳記念館ではこのほ…
  6.  小田急電鉄(星野晃司社長、本社・東京都新宿区)が導入を進める新型特急ロマンスカー70000形の車体…

ページビュー

  • 101120総閲覧数:
  • 4今日の閲覧数:
  • 111昨日の閲覧数:
  • 944月別閲覧数:
ページ上部へ戻る