【熱海市】熱海図書館に「森村誠一文庫」オープン/森村氏の著書808冊

 江戸川乱歩賞を受賞した「高層の死角」などの作品で知られ、熱海市にゆかりの深い作家森村誠一さん(84)の著書を集めた「森村文庫」が12月2日、熱海市立図書館に開設された。オープニングセレモニーでは、齊藤栄市長と図書館の魅力づくりに取り組む熱海中学校と多賀中学校の美術部代表が除幕式を行った。

 文庫は、森村氏の熱海市内の別荘にあった自著本808冊を収めた。今年5月、森村氏から熱海市市制80周年に合わせて自著本寄贈の申し出があり、1469冊を熱海図書館に移動。複数の出版社から同一作品があったことから、選別して貸し出すことにした。

 市は同文庫のオープンに合わせ、図書館フェアを開催。この日は親子でちょっと英会話、あたみ図書館くらぶ、熱海警察署交通イベントや軽飲食の販売があり、多世代の来館者でにぎわった。熱海温泉の資料や尾崎紅葉の「金色夜叉」のコーナーも設けられ、熱海らしさを演出している。
(熱海ネット新聞)

関連記事

注目の記事

  1.  小田急電鉄(星野晃司社長、本社:東京都新宿区)は10月16日、箱根町(山口昇士町長)に箱根の天然水…
  2.  熱海市は、市制80周年事業の一環として「マンホール蓋(ふた)」を活用した観光振興に乗り出した。「梅…
  3.  1月10日は、「いとうの日」。伊東市内では、110をキーワードに多くのイベントや特典が予定されてい…
  4.   小田急グループの箱根ロープウェイ(鞠子篤也社長、本社・小田原市)は2月8日から、バレンタインデー…
  5.  小田原の早春の歳時記「小田原梅まつり」(2月3日~3月4日)を前に、梅の剪定作業が6日、早咲きの寒…
  6.  小田急グループの箱根観光船(國廣誠社長、本社・小田原市)は、3月24・25日の両日、春の想い出づく…

ページビュー

  • 97794総閲覧数:
  • 6今日の閲覧数:
  • 46昨日の閲覧数:
  • 3736月別閲覧数:
ページ上部へ戻る