【開成町】12月定例会議は12月5日開会/一般質問は9議員が登壇、北部地域の活性化など問う

 通年議会を導入している開成町議会(茅沼隆文議長)の12月定例会議は5・6・7日の審議日程で開かれる。
 上程案件は、町税の増加などにより歳入歳出に4億968万5千円を追加し、歳入歳出の総額をそれぞれ56億7482万1千円とする一般会計補正予算、国保・下水道事業・介護保険事業など特別会計補正予算、水道事業会計補正予算、敬老祝金給付条例の一部改正など10議案。陳情は、「薬害肝炎救済法の延長を求める意見書」の採択を求めるもの1件。敬老祝金給付条例の一部改正では、現状の給付から77歳5千円と99歳2万円を廃止し、88歳1万円、100歳5万円としている。

 一般質問は、5,6日に9議員が登壇、あしがり郷瀬戸屋敷を拠点とする北部地域の活性化、まちづくりにおける一般ボランティアの役割、町内の道路整備・維持管理などについて理事者側の考えをただす。
 一般質問をする議員と内容は次の通り。
【5日・6議員】
 ▽山田貴弘議員=多死社会、大量相続時代の到来を見据えた財産管理の対応策は万全か(表題登記の義務とは)。
 ▽佐々木昇議員=横断歩道橋の対応策について問う。
 ▽菊川敬人議員=①開成町福祉計画の実施結果の見極めは②開成駅に急行が停まることで町への経済効果は。
 ▽下山千津子議員=あしがり郷瀬戸屋敷を北部地域活性化の拠点にするには。
 ▽湯川洋治議員=下島地区に計画されている介護老人保健施設について。
 ▽石田史行議員=開成小学校のプール施設のあり方を問う。
【6日・3議員】
 ▽星野洋一議員=まちづくりと一般ボランティアの役割について。
 ▽井上三史議員=開成町における地域包括ケアシステムを問う。
 ▽前田せつよ議員=町内における道路の整備及び維持管理について問う。
(伊豆さがみ情報ネット)

関連記事

注目の記事

  1.  齊藤栄市長と熱海女性連絡会(滝野慶子会長)の「市長と語る会」が11月9日、市役所第3庁舎会議室であ…
  2.  熱海市の伊豆山神社で11月5日、伝統神事「伊豆山温泉感謝祭(湯神祭)」があった。伊豆山地区の116…
  3.  戦国時代、親子・兄弟・一門が争うことなく国力を高め、5代100年にわたって関東一円を治めた小田原北…
  4.  県立熱海高校の通学路を兼ねて新たな観光名所にしようと熱海市が15年かけて整備し、今年3月に完成した…
  5.  南足柄市(加藤修平市長)は、地域資源を生かし作られた産品を“金太郎のふるさと南足柄”のイメージアッ…
  6.  碧く輝く相模の海を望む小田原市根府川にアトリエを構え、2013年8月に93歳の天寿をまっとうした画…

ページビュー

  • 84484総閲覧数:
  • 97今日の閲覧数:
  • 145昨日の閲覧数:
  • 2770月別閲覧数:
ページ上部へ戻る