【小田原市】悪質商法から高齢者を守ろう!/消費生活センターが「悪質商法撃退カレンダー」作成・配布へ

 小田原市消費生活センターはこのほど、悪質商法による高齢者の被害が増加していることから、高齢者を地域で見守り、被害を未然に防ぐため、悪質商法の手口や対処法などを記載した「2018年消費者啓発用カレンダー(悪質商法撃退カレンダー)」を作成、12月初めに自治会加入世帯(約65000世帯)に配布する。また、消費生活センター(市役所内)、タウンセンター、支所、連絡所、窓口コーナーにも配架する。

 カレンダーには、利用した覚えのない商品やサービスの費用を請求してくる「架空請求」や公的機関の職員や有名企業の関係者などのふりをして訪問し、商品やサービスを売りつける手口の「かたり商法」、息子など家族のふりをする「なりすまし・かたり電話」、一人の消費者に次々と契約させる「次々販売」など様々な手口のイラストを交えて詳しく紹介しているほか、騙されないためのワンポイントも描かれている。

 〈何かおかしい?〉〈おやっ〉と思ったら相談を―。同消費生活センターでは、消費生活全般に関する苦情や問合せなど、消費者からの相談を専門的知識のある消費生活相談員が、内容により助言や各種情報の提供を行っている。
 ▽相談日:月~金曜日(年末年始、祝・休日を除く)▽時間:午前9時30分~午後4時(正午~午後1時は休み)▽場所:小田原市役所2階14番窓口、地域安全課内(正面玄関入り左側)▽対象:小田原市・箱根町・真鶴町・湯河原町に在住、在学、在勤の人▽相談方法:小田原市消費生活センターに電話(相談専用ダイヤル:0465-33-1777)か来所。
(伊豆さがみ情報ネット)

関連記事

注目の記事

  1.  熱海市の伊豆山神社で11月5日、伝統神事「伊豆山温泉感謝祭(湯神祭)」があった。伊豆山地区の116…
  2.  石の町・真鶴町(宇賀一章町長)は、1月2日に行われる新春の風物詩「第94回東京箱根間往復大学駅伝競…
  3.  平成30年(2018)に《なかい誕生110年》を迎える中井町(杉山祐一町長)はこのほど、町の魅力を…
  4.  南足柄市の加藤修平市長は12月1日、小田原市との「中心市のあり方」について「小田原市と南足柄による…
  5.  「日本一遅い紅葉」で知られる熱海梅園で「もみじまつり」が11月11日に開幕する。園内には380本の…
  6.  山北町議会(府川輝夫議長)の「平成30年第一回定例会」は、3月2日から15日までの会期14日間の日…

ページビュー

  • 72493総閲覧数:
  • 65今日の閲覧数:
  • 52昨日の閲覧数:
  • 1410月別閲覧数:
ページ上部へ戻る