【小田原市】悪質商法から高齢者を守ろう!/消費生活センターが「悪質商法撃退カレンダー」作成・配布へ

 小田原市消費生活センターはこのほど、悪質商法による高齢者の被害が増加していることから、高齢者を地域で見守り、被害を未然に防ぐため、悪質商法の手口や対処法などを記載した「2018年消費者啓発用カレンダー(悪質商法撃退カレンダー)」を作成、12月初めに自治会加入世帯(約65000世帯)に配布する。また、消費生活センター(市役所内)、タウンセンター、支所、連絡所、窓口コーナーにも配架する。

 カレンダーには、利用した覚えのない商品やサービスの費用を請求してくる「架空請求」や公的機関の職員や有名企業の関係者などのふりをして訪問し、商品やサービスを売りつける手口の「かたり商法」、息子など家族のふりをする「なりすまし・かたり電話」、一人の消費者に次々と契約させる「次々販売」など様々な手口のイラストを交えて詳しく紹介しているほか、騙されないためのワンポイントも描かれている。

 〈何かおかしい?〉〈おやっ〉と思ったら相談を―。同消費生活センターでは、消費生活全般に関する苦情や問合せなど、消費者からの相談を専門的知識のある消費生活相談員が、内容により助言や各種情報の提供を行っている。
 ▽相談日:月~金曜日(年末年始、祝・休日を除く)▽時間:午前9時30分~午後4時(正午~午後1時は休み)▽場所:小田原市役所2階14番窓口、地域安全課内(正面玄関入り左側)▽対象:小田原市・箱根町・真鶴町・湯河原町に在住、在学、在勤の人▽相談方法:小田原市消費生活センターに電話(相談専用ダイヤル:0465-33-1777)か来所。
(伊豆さがみ情報ネット)

関連記事

注目の記事

  1.  全国で44番目の森林セラピー基地「森林(もり)のおもてなし やまきた」に認定された山北町森林セラピ…
  2. 山田貢さん(やまだ・みつぎ):小田原市城内、山田歯科。 2月4日逝去、82歳。 通夜:2月8日午…
  3.  小田原市観光協会(石田武会長)は、平成30(2018)年の「小田原開府500年」を記念して、難攻不…
  4.  官公庁仕事始めの1月4日、熱海市は第1庁舎4階会議室で仕事始め式を行い、齊藤栄市長は「10年かけて…
  5.  「地域の絆を、みんなで」を掲げる小田原市自治会総連合(木村秀昭会長)は平成30年1月9日から、地域…
  6.  現職と新人の一騎打ちとなった松田町長選挙は9月10日に投開票され、2期目を目指す本山博幸氏(47、…

ページビュー

  • 91662総閲覧数:
  • 6今日の閲覧数:
  • 58昨日の閲覧数:
  • 1269月別閲覧数:
ページ上部へ戻る