【小田原市】悪質商法から高齢者を守ろう!/消費生活センターが「悪質商法撃退カレンダー」作成・配布へ

 小田原市消費生活センターはこのほど、悪質商法による高齢者の被害が増加していることから、高齢者を地域で見守り、被害を未然に防ぐため、悪質商法の手口や対処法などを記載した「2018年消費者啓発用カレンダー(悪質商法撃退カレンダー)」を作成、12月初めに自治会加入世帯(約65000世帯)に配布する。また、消費生活センター(市役所内)、タウンセンター、支所、連絡所、窓口コーナーにも配架する。

 カレンダーには、利用した覚えのない商品やサービスの費用を請求してくる「架空請求」や公的機関の職員や有名企業の関係者などのふりをして訪問し、商品やサービスを売りつける手口の「かたり商法」、息子など家族のふりをする「なりすまし・かたり電話」、一人の消費者に次々と契約させる「次々販売」など様々な手口のイラストを交えて詳しく紹介しているほか、騙されないためのワンポイントも描かれている。

 〈何かおかしい?〉〈おやっ〉と思ったら相談を―。同消費生活センターでは、消費生活全般に関する苦情や問合せなど、消費者からの相談を専門的知識のある消費生活相談員が、内容により助言や各種情報の提供を行っている。
 ▽相談日:月~金曜日(年末年始、祝・休日を除く)▽時間:午前9時30分~午後4時(正午~午後1時は休み)▽場所:小田原市役所2階14番窓口、地域安全課内(正面玄関入り左側)▽対象:小田原市・箱根町・真鶴町・湯河原町に在住、在学、在勤の人▽相談方法:小田原市消費生活センターに電話(相談専用ダイヤル:0465-33-1777)か来所。
(伊豆さがみ情報ネット)

関連記事

注目の記事

  1.  小田原に古くから栄え・今に伝える《かまぼこ・漬け物・菓子・ひもの・塩辛・木工》など地域資産の工夫を…
  2.  「平成30年第1回定例会」を開会中の南足柄市議会(内田克己議長)の代表質問は、3月7日に3会派、8…
  3.  小田原市観光協会(石田武会長)は、(一社)日本記念日協会が2月22日を《ニンニンニン》の語呂合わせ…
  4. 山田貢さん(やまだ・みつぎ):小田原市城内、山田歯科。 2月4日逝去、82歳。 通夜:2月8日午…
  5.  平成30年(2018)に《なかい誕生110年》を迎える中井町(杉山祐一町長)はこのほど、町の魅力を…
  6.  県立熱海高校の通学路を兼ねて新たな観光名所にしようと熱海市が15年かけて整備し、今年3月に完成した…

ページビュー

  • 86485総閲覧数:
  • 3今日の閲覧数:
  • 54昨日の閲覧数:
  • 1040月別閲覧数:
ページ上部へ戻る