【小田原市】悪質商法から高齢者を守ろう!/消費生活センターが「悪質商法撃退カレンダー」作成・配布へ

 小田原市消費生活センターはこのほど、悪質商法による高齢者の被害が増加していることから、高齢者を地域で見守り、被害を未然に防ぐため、悪質商法の手口や対処法などを記載した「2018年消費者啓発用カレンダー(悪質商法撃退カレンダー)」を作成、12月初めに自治会加入世帯(約65000世帯)に配布する。また、消費生活センター(市役所内)、タウンセンター、支所、連絡所、窓口コーナーにも配架する。

 カレンダーには、利用した覚えのない商品やサービスの費用を請求してくる「架空請求」や公的機関の職員や有名企業の関係者などのふりをして訪問し、商品やサービスを売りつける手口の「かたり商法」、息子など家族のふりをする「なりすまし・かたり電話」、一人の消費者に次々と契約させる「次々販売」など様々な手口のイラストを交えて詳しく紹介しているほか、騙されないためのワンポイントも描かれている。

 〈何かおかしい?〉〈おやっ〉と思ったら相談を―。同消費生活センターでは、消費生活全般に関する苦情や問合せなど、消費者からの相談を専門的知識のある消費生活相談員が、内容により助言や各種情報の提供を行っている。
 ▽相談日:月~金曜日(年末年始、祝・休日を除く)▽時間:午前9時30分~午後4時(正午~午後1時は休み)▽場所:小田原市役所2階14番窓口、地域安全課内(正面玄関入り左側)▽対象:小田原市・箱根町・真鶴町・湯河原町に在住、在学、在勤の人▽相談方法:小田原市消費生活センターに電話(相談専用ダイヤル:0465-33-1777)か来所。
(伊豆さがみ情報ネット)

関連記事

注目の記事

  1. 江戸時代の文政8(1825)年創業の老舗造り酒屋・中澤酒造(10代目・鍵和田茂社長、松田町)は12月…
  2.  南足柄市議会(内田克己議長)12月定例会最終日の12月13日、総務福祉常任委員会に付託されていた議…
  3.  小田原城では初めての試みとなる体感型イルミネーションイベント「小田原城 冬桜イルミネーション ~ …
  4.  山北町(湯川裕司町長)の観光スポット「洒水の滝」では平成16年頃から、観瀑台へと続く遊歩道で落石が…
  5.  小田原市は脳血管疾患(脳卒中)の死亡率が、県内19市の中で2位と国や県と比較すると死亡率が高い状況…
  6.  大井町立大井小学校の石綿一弘校長はじめ6年3組の関野祥一教諭と児童33人が2月21日午前、大井町役…

ページビュー

  • 80467総閲覧数:
  • 53今日の閲覧数:
  • 98昨日の閲覧数:
  • 1815月別閲覧数:
ページ上部へ戻る