【小田原市】オリジナルフレーム切手「難攻不落の城 小田原城」発売中!/日本郵便南関東支社

 戦国時代、五代100年にわたって関東に覇を唱えた小田原北条氏の拠点・小田原城にスポットを当てたオリジナルフレーム切手「難攻不落の城 小田原城」がこのほど、日本郵便南関東支社(大谷津善樹支社長)から発売された。販売部数は2000シート。価格は1シート1300円(税込)。
 小田原城は、四代当主氏政の時に上杉謙信や武田信玄の攻撃に対し、〈籠城戦〉で軍勢を退けるなど、”難攻不落・無敵の城”として知られる。秀吉の小田原攻めには、9キロメートルに及ぶ総構を築き対抗したが、石垣山に出現した一夜城にその戦意を失い、天正18(1590)年に開城した。

 1シートには、小田原北条氏五代の祖「北条早雲の肖像画」をはじめ、春らんまんの「小田原城と桜」、「伝・北条氏規所用の甲冑」、天守閣の最上階に安置された「摩利支天像」、「平成の大改修」、「三ツ葉葵紋軒丸瓦」、「銅門(あかがねもん)」、江戸時代の小田原を表す「文久図」など82円切手が10枚ついている。
 販売郵便局は、小田原市・南足柄市・大井町、松田町、山北町、開成町、箱根町、真鶴町、湯河原町の全郵便局(53局、簡易郵便局を除く)。
 また、12月22日(13:00~21:00)、23日(10:00~18:00)、24日(10:00~17:00)には、横浜市西区みなとみらいのパシフィコ横浜・会議センターで開かれる「お城EXPO」で臨時出張所を開設する。
(伊豆さがみ情報ネット)

関連記事

注目の記事

  1.  小田急電鉄(星野晃司社長、本社・東京都新宿区)は2018年3月のダイヤ改正にあわせ、JR東海御殿場…
  2.  3月10日、伊東観光会館大ホールにて、「伊豆のODORIKOフェスティバル・プレビュー公演」(主催…
  3.  熱海市環境衛生自治推進協会(鈴木秀旺会長)は2月2日、熱海市役所で第57回環境衛生大会を開いた。同…
  4.  天皇陛下の誕生日(12月23日)に献上する紅梅の八重寒紅(やえかんこう)と白梅の冬至梅(とうじばい…
  5.  神奈川県西部1市3町の“山”と“森”と“里”を結んだ「あしがら雛めぐり」は、《雛の舘・森のひなまつ…
  6.  日本酒の造り酒屋が、スギの葉(穂先)を集めてボール状にしたものを軒先に吊し、新酒が出来たことを知ら…

ページビュー

  • 102923総閲覧数:
  • 41今日の閲覧数:
  • 25昨日の閲覧数:
  • 662月別閲覧数:
ページ上部へ戻る