【開成町】『かいせいびより』が優秀賞受賞/地域活性化センター「第5回ふるさとパンフレット大賞」

 開成町(府川裕一町長)のミニ冊子『かいせいびより』(B6変形判、オールカラー、46ページ)がこのほど、地域活性化センター主催「第5回ふるさとパンフレット大賞」で優秀賞を受賞した。
 地域活性化センターでは、東京中央区・日本橋プラザビル1階に「ふるさと情報コーナー」を設置し、都道府県・市町村の観光・イベントなどのパンフレット約2600種類を展示・配布している。平成25年度には、地域の魅力的なパンフレットを活用し、旅を楽しむことで地域の活性化を図ることを目的に「ふるさとパンフレット大賞」を創設。ふるさと情報コーナーで展示・配布しているパンフレットの中から、優れたセンスで地域情報を発信しているパンフレットを表彰している。

「第5回ふるさとパンフレット大賞」の優秀賞を受賞した『かいせいびより』

 今回は、京都市和束町の『和束のいとなみ』が大賞に輝き、開成町『かいせいびより』は、富山県氷見市『魚々のまち、ひみ』とともに優秀賞に選ばれた。
 『かいせいびより』は、手に取った人が〈田舎モダン〉な開成町の空気感を感じられるように、観光・行政情報は掲載せず、町のイメージ・キャラクター〈あじさいちゃん〉を案内役に四季を彩る風景と人々の笑顔あふれる51点の写真に添えた短いフレーズで開成町の“何かいいんだよね”を表した。


 昨年3月に1万部を作成した『かいせいびより』は、町内のイベントや町外でのキャンペーンで配布しているほか、同活性化センターをはじめ東京・有楽町のふるさと回帰支援センター、東京・銀座のGINZA SIXのお洒落なフリーペーパーコーナーなどで配布している。
 開成町のHPは http://www.town.kaisei.kanagawa.jp/
(伊豆さがみ情報ネット)

関連記事

注目の記事

  1.  城下町・小田原の秋の風物詩として親しまれている「第67回小田原城菊花展」が、観光客らで賑わう小田原…
  2.  “青く澄んだ空をこどもたちにバトンタッチしよう”を合言葉に、小田原市を全国屈指の“スマートシティ”…
  3.  山北町(湯川裕司町長)は20日午前、平成22年度に策定した〈東山北1000まちづくり〉基本計画の重…
  4.  県立熱海高校の通学路を兼ねて新たな観光名所にしようと熱海市が15年かけて整備し、今年3月に完成した…
  5.  小田原市観光協会(石田武会長)は、(一社)日本記念日協会が2月22日を《ニンニンニン》の語呂合わせ…
  6.  天皇陛下の誕生日(12月23日)に献上する早咲き梅の枝切り作業が12月19日、「日本一早く咲く梅」…

ページビュー

  • 104914総閲覧数:
  • 22今日の閲覧数:
  • 120昨日の閲覧数:
  • 1266月別閲覧数:
ページ上部へ戻る