【熱海市】姫の沢公園とアスレチック施設の運営、指定管理者を公募で選定

 熱海市は、耐震問題と利用者減少で2019年3月で市振興公社が管理する姫の沢公園の「自然の家」を撤廃することに伴い、同年4月以降の同公園と隣接するアスレチック公園、スポーツ広場の管理運営について、指定管理者で運営する方針を示した。市議会11月定例会で金森和道氏の質問に答えた。齊藤栄市長は「公募を予定しており、公園管理に実績のある事業者を選定する。来年9月に指定議案を議会に提出する」と話した。

 高い収益性や市内外からの利用者の向上、市内企業との連携などが選定のポイントとなる。
(熱海ネット新聞)

関連記事

注目の記事

  1.  山北町(湯川裕司町長)は来年1月13日から、3回シリーズで町の歴史や文化財など山北の魅力を再発見す…
  2.  大井町議会(小田眞一議長)の12月定例会は、5日から8日までの会期4日間の日程で開かれる。  上…
  3.  新しい風が吹き、現職2人が涙を呑んだ真鶴町議会は10月6日、町議選後初の臨時会を開き、正・副議長は…
  4.  日本酒の造り酒屋が、スギの葉(穂先)を集めてボール状にしたものを軒先に吊し、新酒が出来たことを知ら…
  5.  小田原市は1月30日、同市久野の「小田原こどもの森公園わんぱくらんど」にある大型複合遊具・コスモワ…
  6.  明治の文豪「坪内逍遙」の熱海の住居「双柿舎(そうししゃ)」で2月最初の日曜日となった2月4日、あた…

ページビュー

  • 97796総閲覧数:
  • 8今日の閲覧数:
  • 46昨日の閲覧数:
  • 3738月別閲覧数:
ページ上部へ戻る