【熱海市】姫の沢公園とアスレチック施設の運営、指定管理者を公募で選定

 熱海市は、耐震問題と利用者減少で2019年3月で市振興公社が管理する姫の沢公園の「自然の家」を撤廃することに伴い、同年4月以降の同公園と隣接するアスレチック公園、スポーツ広場の管理運営について、指定管理者で運営する方針を示した。市議会11月定例会で金森和道氏の質問に答えた。齊藤栄市長は「公募を予定しており、公園管理に実績のある事業者を選定する。来年9月に指定議案を議会に提出する」と話した。

 高い収益性や市内外からの利用者の向上、市内企業との連携などが選定のポイントとなる。
(熱海ネット新聞)

関連記事

注目の記事

  1.  湯河原町(冨田幸宏町長)と真鶴町(宇賀一章町長)は平成30年1月4日から、妊婦の出産時の移動不安を…
  2.  熱海市が昨年3月に完成させた「さくらの名所散策路」でこのほど、あたみ桜が見頃を迎えた。県立熱海高校…
  3.  小田原市は脳血管疾患(脳卒中)の死亡率が、県内19市の中で2位と国や県と比較すると死亡率が高い状況…
  4.  スギ・ヒノキの新植地での林業被害、里山地域での農業被害による耕作放棄地などシカ問題を考えるシンポジ…
  5.  2月15日、伊東市立富戸小学校の児童の案内による「ジオツアー」が開かれる。伊豆半島ジオパークの中で…
  6.  小田原市観光協会(石田武会長)は、平成30(2018)年の「小田原開府500年」を記念して、難攻不…

ページビュー

  • 70452総閲覧数:
  • 43今日の閲覧数:
  • 60昨日の閲覧数:
  • 1246月別閲覧数:
ページ上部へ戻る