【熱海市】姫の沢公園とアスレチック施設の運営、指定管理者を公募で選定

 熱海市は、耐震問題と利用者減少で2019年3月で市振興公社が管理する姫の沢公園の「自然の家」を撤廃することに伴い、同年4月以降の同公園と隣接するアスレチック公園、スポーツ広場の管理運営について、指定管理者で運営する方針を示した。市議会11月定例会で金森和道氏の質問に答えた。齊藤栄市長は「公募を予定しており、公園管理に実績のある事業者を選定する。来年9月に指定議案を議会に提出する」と話した。

 高い収益性や市内外からの利用者の向上、市内企業との連携などが選定のポイントとなる。
(熱海ネット新聞)

関連記事

注目の記事

  1.  「地域の絆を、みんなで」を掲げる小田原市自治会総連合(木村秀昭会長)は平成30年1月9日から、地域…
  2.  松田町(本山博幸町長)は2月19日、一般会計、7特別会計(国民健康保険、国民健康保険診療所、寄簡易…
  3. 山田貢さん(やまだ・みつぎ):小田原市城内、山田歯科。 2月4日逝去、82歳。 通夜:2月8日午…
  4.  NPO法人おだわらねこと小田原市は、野良猫の現状や猫の適正飼育などについて理解を広めるイベント「お…
  5.  小田原市観光協会(石田武会長)は、(一社)日本記念日協会が2月22日を《ニンニンニン》の語呂合わせ…
  6.  松田町の本山博幸町長は10月5日、再選後初の臨時議会で2期目へ決意も新たに所信を述べた。  本…

ページビュー

  • 89948総閲覧数:
  • 27今日の閲覧数:
  • 78昨日の閲覧数:
  • 2070月別閲覧数:
ページ上部へ戻る