【熱海市】第30代ミス熱海「梅の女王」に増田玲未さん/梅娘・桜娘も決定

 熱海市の「ミス熱海梅の女王」(熱海市観光協会主催)の発表と任命式が12月10日、起雲閣であり、増田玲未(れみ)さん(24、専門学校2年、静岡県駿東郡清水町)が「第30代梅の女王」に輝いた。「梅娘」は小森眞綾(まあや)さん(23、専門学校2年、横浜市)と杉崎真琴さん(20、大学2年、熱海市)。「桜娘」には坂口莉果子さん(20、慶応大3年、東京都)と山崎早也香さん(20、短大2年、熱海市)がそれぞれ選ばれた。

 5人は来年1月1日から2年間、観光大使として様々なイベントに参加し、熱海をPRする。梅の女王には30万円、梅娘・桜娘に15万円がそれぞれ贈られた。
オーディションには、熱海市、静岡県内をはじめ、東京、神奈川、埼玉、千葉から86人の応募があり、11月19日に「ミス熱海」の5人を選出。この日、梅の女王、梅娘、桜娘の役職が発表され、齊藤栄市長、川口健市議会議長、小松久男熱海商議所専務理事、藤曲敬宏県議、目黒俊男熱海温泉ホテル旅館協同組合理事長がそれぞれ任命証を手渡した。
▽ミス熱海「梅の女王」=増田玲未さん「現在看護師を目指して勉強している。ミス熱海になって熱海の温泉の素晴らしさを伝えたい」
▽ミス熱海「梅娘」=小森眞綾さん「こがし祭りが大好きで毎年太鼓をたたいている。生まれ育った熱海の魅力を地元視線で発信していきたい」
▽ミス熱海「梅娘」=杉崎真琴さん「熱海に生まれ育ち、熱海の良さ知っている。熊谷さん(29代梅の女王)のように市民駅伝にも参加したい」
▽ミス熱海「桜娘」=坂口莉果子さん「小2から小6まで香港に住んでいたことがあり、英語には自信がある。TOEFLテストは750です」
▽ミス熱海「桜娘」=山崎早也香さん「熱海芸妓の家庭に育ち、母(紅花さん)、姉(蘭さん)も現役。私も負けずに熱海の伝統文化を伝えたい」
(熱海ネット新聞)

関連記事

注目の記事

  1.  熱海市の2018年度予算編成へ向けた市長ヒアリングが1月5日、市役所で始まった。齊藤栄市長と森本要…
  2.  小田原市(加藤憲一市長)は、市内小・中学校の児童・生徒の交通事故防止と交通安全意識の啓発を目的に1…
  3.  小田原市(加藤憲一市長)は2月9日、一般会計と10特別会計(競輪、天守閣、国民健康保険、国民健康保…
  4.  熱海市の猟師らでつくる「熱海ワナの会」の有志7人が10月22日、熱海市泉に野生動物解体処理施設「山…
  5.  伊東市川奈の「伊豆高原ステンドグラス美術館」では春の特別感謝日として、3月5日・6日の両日を入館無…
  6. 中村和子さん(なかむら・かずこ):小田原市栄町、株式会社ナック中村屋相談役。同社小西育子社長の御母堂…

ページビュー

  • 91662総閲覧数:
  • 6今日の閲覧数:
  • 58昨日の閲覧数:
  • 1269月別閲覧数:
ページ上部へ戻る