【小田原市】市民ホール整備基金に2万円/小田原音楽連盟が寄付

 小田原音楽連盟(白井英治会長)はこのほど、10月1日に小田原市民会館大ホールで開いた第64回小田原市民文化祭オープニング事業「~被災地に想いを寄せて~第6回チャリティコンサート」で寄せられた義援金2万円を小田原市が整備を進めている市民ホール整備基金に寄付した。同連盟は、ふるさと文化基金に昨年度まで2回寄付をしている。

「~被災地に想いを寄せて~第6回チャリティコンサート」開催を呼びかけたチラシ

 また、同チャリティコンサートでは、全国で発生する大規模災害の被災地に義援金として5万円を贈った。
 小田原音楽連盟は、市民による小田原音楽フェスティバル実行委員会としても活動し、音楽の普及に尽力している。また、白井会長は、小田原ジュニア弦楽合奏団団長として、定期コンサートを行っている。
(伊豆さがみ情報ネット)

関連記事

注目の記事

  1.  城下町・小田原の秋の風物詩として親しまれている「第67回小田原城菊花展」が、観光客らで賑わう小田原…
  2.  南足柄市(加藤修平市長)は9月24日午前9時30分から、同市関本の金太郎みらいホール(市文化会館)…
  3.  人口1万人規模の自治体で、実現可能な〈自然エネルギーによる地域再生モデル〉の構築に取り組む松田町(…
  4.  小田原市は脳血管疾患(脳卒中)の死亡率が、県内19市の中で2位と国や県と比較すると死亡率が高い状況…
  5.  地域に眠る様々なものを発掘、商品化して販売するUMEMARU Inc.(小田原市、守屋佑一代表)と…
  6.  静岡地裁沼津支部は、熱海市渚町の熱海交通自動車から出されていた自己破産申請を受理し、11月30日ま…

ページビュー

  • 75866総閲覧数:
  • 7今日の閲覧数:
  • 54昨日の閲覧数:
  • 1216月別閲覧数:
ページ上部へ戻る