【小田原市】市民ホール整備基金に2万円/小田原音楽連盟が寄付

 小田原音楽連盟(白井英治会長)はこのほど、10月1日に小田原市民会館大ホールで開いた第64回小田原市民文化祭オープニング事業「~被災地に想いを寄せて~第6回チャリティコンサート」で寄せられた義援金2万円を小田原市が整備を進めている市民ホール整備基金に寄付した。同連盟は、ふるさと文化基金に昨年度まで2回寄付をしている。

「~被災地に想いを寄せて~第6回チャリティコンサート」開催を呼びかけたチラシ

 また、同チャリティコンサートでは、全国で発生する大規模災害の被災地に義援金として5万円を贈った。
 小田原音楽連盟は、市民による小田原音楽フェスティバル実行委員会としても活動し、音楽の普及に尽力している。また、白井会長は、小田原ジュニア弦楽合奏団団長として、定期コンサートを行っている。
(伊豆さがみ情報ネット)

関連記事

注目の記事

  1.  来年6月28日~7月1日に初開催される「熱海国際映画祭」(実行委員会主催)に、市が500万円の補助…
  2.  小田急グループの小田急箱根ホールディングス(金田収社長、本社・小田原市)は、箱根エリアを中心とした…
  3.  日本の粋を学ぶ「伊東温泉お座敷文化大学」(主催:伊東市・伊東観光協会)の秋期講座が9月15日(金)…
  4.  松田町(本山博幸町長)は、同町寄(やどりき)の〈魅力を活かした仕事づくりに関心のある人〉、〈寄で仕…
  5.  静岡県熱海土木事務所と熱海市は10月19日、市役所で記者会見を開き、市内6地区のうち、熱海、多賀、…
  6.  小田原城では初めての試みとなる体感型イルミネーションイベント「小田原城 冬桜イルミネーション ~ …

ページビュー

  • 89647総閲覧数:
  • 38今日の閲覧数:
  • 67昨日の閲覧数:
  • 1769月別閲覧数:
ページ上部へ戻る