【小田原市】市民ホール整備基金に2万円/小田原音楽連盟が寄付

 小田原音楽連盟(白井英治会長)はこのほど、10月1日に小田原市民会館大ホールで開いた第64回小田原市民文化祭オープニング事業「~被災地に想いを寄せて~第6回チャリティコンサート」で寄せられた義援金2万円を小田原市が整備を進めている市民ホール整備基金に寄付した。同連盟は、ふるさと文化基金に昨年度まで2回寄付をしている。

「~被災地に想いを寄せて~第6回チャリティコンサート」開催を呼びかけたチラシ

 また、同チャリティコンサートでは、全国で発生する大規模災害の被災地に義援金として5万円を贈った。
 小田原音楽連盟は、市民による小田原音楽フェスティバル実行委員会としても活動し、音楽の普及に尽力している。また、白井会長は、小田原ジュニア弦楽合奏団団長として、定期コンサートを行っている。
(伊豆さがみ情報ネット)

関連記事

注目の記事

  1.  光と音が難攻不落の城・小田原城を幽玄な世界へと誘う「小田原城 冬桜イルミネーション~光と音が織りな…
  2.  伊東市の認知症カフェは先月12月のクリスマスコンサートもお知らせしたが、1月は「冬の音楽祭」という…
  3.  山北町議会(府川輝夫議長)の「平成30年第一回定例会」は、3月2日から15日までの会期14日間の日…
  4.  川勝平太静岡県知事が「県で一番美しい通学路どころか、日本一美しい通学路」と絶賛していた熱海市の「さ…
  5.  小田原市を中心に県西地域で活動する「報徳 九転十起人生塾」の田嶋享塾長ら4人が7日午後、小田原市役…
  6.  熱海市環境衛生自治推進協会(鈴木秀旺会長)は2月2日、熱海市役所で第57回環境衛生大会を開いた。同…

ページビュー

  • 72391総閲覧数:
  • 15今日の閲覧数:
  • 71昨日の閲覧数:
  • 1308月別閲覧数:
ページ上部へ戻る