【真鶴町】過疎地域指定で住民説明会、9日・11日に町民センターで開催

 真鶴町は国から過疎地域の指定を受けたことに伴い、過疎地域自立促進計画を策定に向けての住民説明会を9月9日と11日、真鶴町民センターで開催する。
 過疎地域とは、人口の著しい減少に伴って地域社会における活力が低下し、生産機能及び生活環境の整備などが他の地域に比べて低位にある地域のことを指すもので、同町は29年4月1日、神奈川県内では初めて過疎地域として公示された。
 国ではこれら過疎地域に対し総合的・計画的な対策を実施するために必要な特別措置を講じることで、地域の自立促進を図り、住民福祉の向上、雇用の増大、地域格差の是正などを目指している。
 住民説明会は、国などの特別措置を最大限活用するため、自立促進対策を盛り込んだ過疎地域自立促進計画を策定するにあたり、住民からの意見や提案を反映させるために開催するもの。週末の昼間と平日の夕方の二日間の日程を組んだ。
 町では「町民にとってわかりにくい点も多く、このような機会を利用しながら理解を広げていきたい。わからないことをひとつずつ解決していきたい」と町民の参加を呼びかけている。事前の申し込みは不要。
 開催日時は次の通り。
▽9月9日(土)午後2時~午後4時まで
▽9月11日(月)午後6時~午後8時まで
 会場はいずれも真鶴町民センター3階講義室
 問い合わせは、町企画調整課(電)0465-68-1131

関連記事

注目の記事

  1.  小田原市を中心に県西地域で活動する「報徳 九転十起人生塾」の田嶋享塾長ら4人が7日午後、小田原市役…
  2. 大井町(間宮恒行町長)は2月14日、一般会計と4特別会計(国民健康保険、後期高齢者医療、下水道、介護…
  3.  神奈川県西部1市3町の“山”と“森”と“里”を結んだ「あしがら雛めぐり」は、《雛の舘・森のひなまつ…
  4.  小田原市消費生活センターはこのほど、悪質商法による高齢者の被害が増加していることから、高齢者を地域…
  5.  小田原の早春の歳時記「小田原梅まつり」(2月3日~3月4日)を前に、梅の剪定作業が6日、早咲きの寒…
  6.  雪化粧をした霊峰・富士山と箱根連山を背景に3万5千本の白梅が咲く小田原・曽我梅林に時代絵巻を繰り広…

ページビュー

  • 104914総閲覧数:
  • 22今日の閲覧数:
  • 120昨日の閲覧数:
  • 1266月別閲覧数:
ページ上部へ戻る