【小田原市】愛称・ロゴマーク募集!/平成31年5月「小田原漁港交流促進施設」誕生

 小田原市(加藤憲一市長)は、同市早川に平成31年5月オープン予定の小田原漁港交流促進施設がイメージできる親しみやすい愛称とロゴマークを募集している。〈愛称〉〈ロゴマーク〉のいずれか一方の応募も可。締め切りは、平成30年1月31日(必着)。

平成31年5月にオープン予定の小田原漁港交流促進施設(イメージ)

 小田原漁港交流促進施設は、水産業の振興と地域活性化を目的とした施設で、鮮魚、活魚および水産加工品などの地場の水産物の販売や飲食を核として、地場産農産物、土産物などを提供するほか、小田原の観光や地場産品のPRなど情報発信機能を備えている。
 応募資格は、小田原市内在住・在勤・在学の人または小田原に関心・ゆかりのある人。応募は、市ホームページ の応募フォームhttp://www.city.odawara.kanagawa.jp/index.php?prev=1&d=municipality/industry/fisher/exchange-promotion&p=p23450.html からできる。
 審査基準は、▽親しみやすく覚えやすいもの。▽小田原漁港交流促進施設のイメージに相応しいもの。▽「小田原の魚・海・漁港」らしさを感じられるもの。
 選考方法は、選考委員会で審査のうえ決定。表彰は、最優秀賞各1点に賞状と副賞(豪華海鮮セットをはじめとした小田原市名産品詰め合わせ)。最優秀賞に複数の応募があった場合、副賞は抽選になる場合がある。結果は平成30年夏頃に発表する予定。
(伊豆さがみ情報ネット)

関連記事

注目の記事

  1.  熱海の春の最大イベント「第74回梅まつり」が1月6日、熱海梅園で開幕する。熱海市観光協会の主催。 …
  2. 大井町(間宮恒行町長)は2月14日、一般会計と4特別会計(国民健康保険、後期高齢者医療、下水道、介護…
  3.  神奈川県西部1市3町の“山”と“森”と“里”を結んだ「あしがら雛めぐり」は、《雛の舘・森のひなまつ…
  4.  静岡県熱海土木事務所と熱海市は10月19日、市役所で記者会見を開き、市内6地区のうち、熱海、多賀、…
  5.  2月3日(土)、節分の厄除豆まきが伊東市・佛現寺で行われた。13時より境内での法要、来賓挨拶等の後…
  6.  人口1万人規模の自治体で、実現可能な〈自然エネルギーによる地域再生モデル〉の構築に取り組む松田町(…

ページビュー

  • 74069総閲覧数:
  • 0今日の閲覧数:
  • 166昨日の閲覧数:
  • 975月別閲覧数:
ページ上部へ戻る